TT-BA09 Proレビュー【PS4 Proに繋いで使ってみた】

PS4
スポンサーリンク

TT-BA09 Proが発売されたのが気になり、購入してみました。

TT-BA09 Proが発売!テレビやPS4の音をBluetoothで飛ばそう

スポンサーリンク

1 TT-BA09 Proレビュー

旧型のTT-BA09を持っていますので、それと比較して感想を記事にしていきます。

PS4の音をBluetoothでヘッドフォンにペアリングするなら『TT-BA09』【光デジタルを利用】

*製品情報(公式サイトより引用)↓

モデル名:TT-BA09 Pro
Bluetooth バージョン:Bluetooth 5.0
Bluetooth プロファイル:A2DP、AVRCP
チップセット:CSR8670
入力:Bluetooth、SPDIF(光接続)、AUX
出力:Bluetooth、SPDIF(光接続)、AUX
対応コーデック(TX 送信時):SBC、aptX、aptX LL
対応コーデック(RX 受信時):SBC
接続範囲:13 m(TX 送信時) 、11 m(RX 受信時)
バッテリー容量:620 mAh
最大連続使用時間(電源非接続時):約 24 時間
充電時間:約 2 時間
電源入力:USB Type-C (5V / 500mA)
本体サイズ:約 6 x 6 x 1.9 cm
重さ:約 44 g
保証期間:メーカー保証 12か月 + 追加延⻑保証 18か月(公式HPにて製品登録後適用)
その他:コーデックインジケーター搭載

1.1 TT-BA09の画像

TT-BA09 Proレビュー

Pro版の箱の色は白色となっております。黒色の方がカッコよかったなーと思います。

 

TT-BA09 Proレビュー

TT-BA09 Proレビュー

 

TT-BA09 Proレビュー

旧型と比べるとこんな感じ。

  • 左:TT-BA09 Pro
  • 右:TT-BA09

電源ボタンの位置が変わりました。

 

TT-BA09 Proレビュー

背面はこんな感じ。充電ケーブルがUSB-Cになりました。

 

TT-BA09 Proレビュー

右側面にTX/RXの切り替えスイッチと、電源ボタンがあります。

 

TT-BA09 ProレビューTT-BA09 ProレビューTT-BA09 Proレビュー

バッテリーが伸びた分、若干ですがTT-BA09 Proの方が大きくなっていますね。

  • 左:TT-BA09 Pro
  • 右:TT-BA09

 

TT-BA09 Pro

付属品はこんな感じ。光デジタルケーブルが付属しているのがいいところですね。

  • 光デジタルケーブル
  • 3.5mm オーディオケーブル
  • 3.5mm(メス)̶RCA(オス) 変換ケーブル
  • Type-C 充電ケーブル
  • 取扱説明書

1.2 PS4 ProとTT-BA09 Proのつなぎ方

PS4 ProとTT-BA09 Proのつなぎ方は簡単でして、

  1. TXモードにする
  2. SPDIF INに光デジタルケーブルを差し込み、もう片方をPS4 Proに差し込む
  3. USB-CをTT-BA09 Proに差し込み、USB-AをPS4 Proに差し込む
  4. 電源ボタンを3秒間長押しして、起動
  5. 電源ボタンを二回押してペアリングモード
  6. TT-BA09 Proと接続したいデバイスもペアリングモードにする

これで接続できるはずです👍

PS4 ProとTT-BA09 Proのつなぎ方

1.3 TT-BA09 ProとTT-BA09の違い

TT-BA09 ProとTT-BA09の違いを表にしてまとめます。

 TT-BA09 ProTT-BA09
バッテリー容量620mAh350mAh
最大連続使用時間

約24時間

約15時間

充電ポート

USB-C

Micro USB

aptX LL時 同時接続台数

2台

1台

インジケーター

あり

なし

大きな違いは、

  • aptX LL時 同時接続台数
  • インジケーターの有無
  • バッテリーの容量

ですね。

Pro版ではインジケーターが搭載されたので、ペアリング状態や接続コーデックが分かりやすくなりました。

1.4 普通に使えるなぁという感想

使ってみての感想としては、「普通に使えるなー」という感じです。旧型のTT-BA09を持っている人は、わざわざ購入する必要ないかな?という感じ。

  • aptX LLを同時に2台接続したいぜー
  • インジケーターを確認したいぜー
  • バッテリーは長い方がいいぜー

という方であれば、別ですけれど。

 

まぁ、TT-BA09もTT-BA09 Proもそこまで値段が変わりませんので、初めて購入する方はPro版を購入しておけばいいのではないでしょうか。

1.5 PS4 Pro側の音出力設定の変更もお忘れなく

書き忘れていましたが、PS4 ProとTT-BA09 Proの接続ができたら、PS4 Proで音出力設定を変更しておきましょう。

PS4 Pro側の音出力設定の変更

設定から『サウンドとスクリーン』を選択します。

PS4 Pro側の音出力設定の変更

音出力設定から、主に使用する出力端子を『光デジタル出力』にすればOKです。

おわりに

ということで、「わざわざ新型を購入しなくてもヨカッタナー」と思っております。私の使い方ですとPS4に繋げっぱなしですから、バッテリーのへたりも気になりません。買い替える必要なかったですね😅

 

TT-BA09 Proをオススメできる人↓

  • テレビやゲーム機の音をヘッドフォンにBluetoothで飛ばしたい
  • aptX LLを同時に2台接続したい
  • インジケーターで状態を確認したい
  • バッテリー容量は大きい方がいい

という人にはオススメです。

 

少しでも安い方がいい!というのであれば、TT-BA09で十分だと思います。

参考までに。それでは!

コメント