PS4をSSDに換装してもあまり早くならない理由【SSDに2万かける?】

PS4 SSD 遅いゲーム
スポンサーリンク

PS4をSSDにしたら早くなるからやった方がいいと言う人もいるし、そこまでお金をかける理由はないと言う人もいる。どっちがいいんだろう?

そんな疑問に答えます。PS4を購入するために色々と調べましたので、そのまとめをこの記事ではしたいと思います。

結論を先に書いておきますと、PS4 ProだとSSDの恩恵はすごくあるけれど、ProじゃないPS4だとコスパ的に「ムム」と言う感じになります。

以下ではその理由について書いていきます。

スポンサーリンク

1 PS4のSATAによってSSDの速度が変わる

PS4は大きく分けて3タイプあります。

  1. CUH-1000番台(初期型)
  2. CUH-2000番台(2016年9月〜)
  3. CUH-7000番台(PS4 Pro)

この3タイプはデータを送受信するSATAケーブルが違います

  1. CUH-1000番台(初期型)→SATA2.0
  2. CUH-2000番台(2016年9月〜)→SATA2.0
  3. CUH-7000番台(PS4 Pro)→SATA3.0

と、PS4 ProだけSATA3.0になっております。

SATAってなに?

SATAはデータ転送方式のことでして、これの性能によってゲームデータの読み込みなどが変わってきます。

  • SATA2.0:3Gbps(理論値)
  • SATA3.0:6Gbps(理論値)

bpsって単位?

bpsはビット・パー・セカンドの略でして、1秒間にどれくらいのデータ転送ができるかを表すものです。ですから3Gbpsは1秒間に3ギガビットのデータ送信ができます。つまり、

 

PS4 Proはデータ転送の力が2倍(理論値)

 

と言うことです。

1.1 SATA2.0だとSSDの性能を十分に引き出せない

そのため、SATA2.0だとSSDの性能を十分に引き出せない問題が発生します。SSDにすることで、SSDの中にあるデータを探し出すのは高速になるですが、

 

そのデータを読み込む速度が変わらない

 

ため、「PS4をSSDにしたけれど、そこまで早くないな」という意見が出てきているわけです。どれくらい早くなるかと言うと、HDDをSSDにすることで起動時間が3秒程度早くなるようです。

十分と言えば十分なのですが、パソコンをHDDからSSDに換装して、SSDの凄まじさを経験した人間からすると、「意外と早くならねーな」という感じ😅

1.2 SATA3.0のPS4 ProならSSDの恩恵をフルに

PS4 ProですとSATA3.0なのでSSDの恩恵をフルに活かせます。ですからProをお持ちの方はSSD換装にする意味がかなりあるかと。

2 ただし2TBのSSDはすごく高い

PS4 Proが読み込みできる最大量は2TBだそうなので、ゲーム好きからしたら2TBを狙うと思います。でも、

 

2TBのSSDはスッゲー高い

 

という大問題が発生します😱

PS4をもう一台購入できるお値段くらいです笑。

 

*追記 2019年9月22日

この記事を書いたのが2019年2月です。そのころは2TBのSSDは3万6000円ほどでした。PS4がもう一台買えるお値段だったのです。

しかし、2019年9月ですと2万8000円ほどになっております。ずいぶんお安くなりました👍

SSDの値段もお安くなっていますので、2019年2月よりはPS4もSSD化するメリットが増えたように感じます🤔

2.1 数秒も積み重ねていくと大きくなるので

PS4起動の数秒、ロードの数秒などなど、

 

チリも積もれば山となる

 

ので、私的にはPS4 ProでなくてもSSDにするメリットはあるのではないかと思っております。お財布と相談してくださいませ。どうぞよしなに。

 

*追記 2019年9月22日

500GBですと、8000円ほどで購入できるようになっていますね。SSDは安くなりましたねー。あまりゲームをやらない方であれば、500GBもあれば十分かなと。(あまりゲームをやらない人がSSDにする意味・・・という問題も出てきますが😅)

コメント

  1. たかし より:

    ほんとに規格上の理論値を鵜呑みにしてそれだけで結論付けちゃって大丈夫なのかな?
    実際に計測したところ、PS4ノーマルとProとでSSDによる高速化度合いは変わらない、むしろノーマルのほうが高速化率は高いというデータが多いみたいだけども

    • 福山 より:

      コメントありがとうございます。
      もう少し丁寧に記事をお読みいただければ、「理論値を鵜呑みにして結論しているわけではない」ことが分かるかと思います。

      >「実際に計測したところ、PS4ノーマルとProとでSSDによる高速化度合いは変わらない、むしろノーマルのほうが高速化率は高いというデータが多いみたいだけども」
      よろしければ、そのデータのリンクなどを教えてくださいませ。

      • たかし より:

        こちらの記事を読む限りでは、規格とその理論値を並べて、「PS4ノーマルではSATA2だからSSDは活かせない」「PS4ProならSATA3だから活かせる」
        と、規格の数値だけを根拠に断言されてるようにしか見受けられませんでしたが。
        実際に計測されたということでしょうか?
        もしくは他のページも参照する必要があるということでしょうかね?
        実際のところ、規格の理論値を並べて、PS4ノーマルはUSB3.0 5Gbpsの外付け一択、ProならSATA3.0 6Gbpsで内蔵したほうが速い。と喧伝されてるサイトは沢山見かけますね。
        酷いところだと内蔵SSDのデータは一切出さずに外付けSSDのデータと内蔵HDDのデータを並べて、外付けはこんなに速い!と喧伝してるものも見かけます。

  2. たかし より:

    リンクに関してはこちらなどをご参照ください
    ttps://www.yamatowwiw.com/entry/2018/05/16/230228
    ttps://www.google.co.jp/amp/s/akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/sp/1200/877/amp.index.html
    規格上SATA2より断然速いとされてるUSB3.0接続が、ノーマル内蔵と大差ない時点でSATAの規格上の問題ではないことが歴然と分かるかと思います。
    また、Pro内蔵と外付けも大差ないというデータが多く、USB3.0規格自体、内実の理論値は5Gbpsではなく4Gbpsで、また、PS4発売時のUSB3.0の環境から、コントローラの実績がそこまで追いついていないため、内蔵SATA2と大差ないか、むしろ劣るくらいだとの話も見かけました。
    今一度、机上の数値ではなく、実際の検証や計測データを参照された上で結論を出して頂けると幸いです。

  3. たかし より:

    「結論づけている」というのは誤りでしたね、すみません。
    こちらの記事の最終結論、意見としては「PS4ノーマルではSSDは活かせない、Proなら活かせる。でも、そもそもゲームのロードなどは何度も繰り返しするものだから、例え活かせなくともロード時間の短縮自体影響が大きいから、個人的にはノーマルでもSSDの導入に価値がある、おススメしたい」という旨ですね。
    それについては大変失礼致しました。

    • 福山 より:

      参照リンク、ありがとうございます。お手数をおかけしました。

      リンクを見ると、たかしさんが言われている「実際に計測したところ、PS4ノーマルとProとでSSDによる高速化度合いは変わらない」の主張がよく分かりません。全体的にPS4 ProのSSD化の方が、よい成績を出しているのではないでしょうか?

      新型PS4とPS4 Proの、どちらもSSD換装後の起動時間データをまとめてみますと、
      Apex Legends『新型19.7秒、Pro16.8秒』
      フォートナイト『新型84.7秒、Pro67.7秒』
      みんなのGOLF VR『新型82.3秒、Pro72.2秒』
      モンスターハンター:ワールド『新型39.0秒、Pro41.9秒』
      Battlefield V『新型30.6秒、Pro26.4秒』

      起動時間のみなので、ロードも含めるとさらに開きができます。
      やはりSSD化は、PS4 Proの方が恩恵があると言えそうなのですよね。

      • たかし より:

        高速化度合い、つまり、あくまでも元からのロード時間軽減比率であり、ロード時間そのものの速度のスコアの話ではありません。
        そもそもHDDの時点である程度の差が開いているため、単純な接続規格以外の部分によるものが大きいことは分かりますよね。
        MHWのロード速度に関しては
        初期型 63.2s→16.3s
        新型 63.9s→15.6s
        Pro 54.2→12.4s
        とのデータがあり、初期型及び新型のほうがロード時間を減らす量が多い、つまり費用対効果は初期型及び新型のほうが大きいと取れます。
        つまり、むしろ初期型及び新型のほうが、換装した際の効果が大きいわけです。
        当記事では「結論を先に書く」と言って、「PS4ではコスパ的にムムムという感じになる」と冒頭で結論を出してしまってますが、内蔵HDDの遅さを考えるとProよりノーマルのほうが恩恵は大きくありませんかね?

        • 福山 より:

          なぜそこまで喧嘩腰なのかは分かりませんが、気に障った発言をしていたのなら申し訳ございません。

          ただ、他の人がこのコメントを見る可能性があるので、もう一点言わせてください。たかしさんのデータの読み取り方は、バイアスがかかっているのではないでしょうか?MHWのロード時間だけに着目して判断するのは、どうかと思います。たかしさんが教えてくださったリンクを見れば「MHWだけが異常に高速化されている」ことが分かるはずです。

          そのため「MHWをやるならSSDに換装した方がいい」という主張なら、納得がいきます。しかし、他の全てのゲームでもそう言えるでしょうか?

          お金がある方なら迷わずProとSSDを購入するでしょうし、私もそう助言できます。しかし、誰もがそこまで裕福なわけではありません。Proを購入できるお金で、SSDを購入できるお金で、ほかのなにかを購入できるわけです。ですから「コスパ的には微妙かも」と判断しているのですね。コスパは主観であり、ここが私とたかしさんの食い違う部分でしょう。私はお金について、たかしさんは速度について重要視しているのだと思います。

          • たかし より:

            こちらの文章のどの部分に「喧嘩腰」と感じられたのか分かりませんが、不快な気分にさせてしまったのならすみません。
            確かに仰られるように、かなり大きめのソフトウェア(15GB以上)でないと、そもそもロード時間自体短く、体感速度を得られず、世間的に見れば、現状1万円前後の導入価値があるかは疑問が残るところでしょうね。
            ただ、個人的にはSSDの価値はロード速度の向上よりも、安定性だと思います。
            機器に詳しくない人ほどHDDの脆弱性に何の疑問も感じずに利用しています。
            その辺りに触れてみたほうがSSDのアプローチもしやすいと思います。
            外付けで簡易的に高速化、内蔵することで物理的な脆弱性を解消といった具合にどうでしょうか?
            また、読み込みが電子的かつ高速になることよって、挙動自体が非常に安定する(データの展開など処理面にも貢献する)という話も見聞きします。

  4. たかし より:

    ちなみに接続規格を合わせた(外付けUSB3.0)としても、Proのほうが結果的な速度は速いため、どの道接続規格が理由で速度や恩恵が、SATA2ではSSDがもったいないという類いの論拠は成立しませんが、その辺りに関しては一切触れないのですね。

    • 福山 より:

      お言葉ですが、たかしさんはインターネットの使い方について根本的に勘違いしています。
      なぜ私がそこまで詳しく書く必要があるのでしょうか?

      この記事は、ネットに広がるゴミのような情報の1つにすぎません。そのゴミの集まりの中から、「正しいと思える情報」を選んで集めればいいだけで、私のサイトで網羅的に記述する必要はありません。

      私の記事が気に食わないのであれば、たかしさん自身が記事を作成してください。その時は喜んで「こちらの情報が素晴らしいです」と、リンクを貼らせていただきます。もしブログなどをお持ちでない場合、作成した文章を送っていただければ、「執筆者 たかし様」と表記して、サイトに掲載いたします。

      • たかし より:

        気分を害してしまったのでしたらすみません。
        ただ、インターネットといえども、記事なら必ず内容を考えた人がいるわけで、たかがインターネットの情報と軽んじるような真似はしたくありません。
        福山様もご自身の記事にきちんとした責任を持った上で推敲なさってることと思いますし、ご自身の書いた記事を、然もアテにならないかのように言われるのは非常に心苦しい限りです。
        差し出がましい真似をしたのなら申し訳ありませんでした。