自転車の免許制導入に賛成多数だけども、免許制になったら役人の利権を増やすのは忘れずに

スポンサーリンク

本日も「Gallagher Note」をお読みいただきありがとうございます。
こんにちは、福山です。

マイナビニュースより

自転車の免許制導入に47.9%が賛成 – 危険だと感じる運転は?

というものがありました。半数近くが免許制を導入した方が良いと感じてるんですね。確かに車を運転してると「自転車危ない〜」と思うことはあります。でもこれって免許制を導入して解決するものなのでしょうか?それに制度を導入すればそれだけ役人が増えるので、税金の無駄じゃない?と僕は思ってしまいます。

スポンサーリンク

リンク→自転車の免許制導入に47.9%が賛成 – 危険だと感じる運転は?

取り締まりを強化

車を運転する身からすると、「自転車危ないから免許を導入しろよ!」という気持ちはよく分かります。飛び出しとか、無灯火運転は本当にびっくりさせられます。

でもそれって免許というよりは、自転車を運転する人のマナーですよね?マナーをよくするためには免許制を導入するより、取り締まりを強化する方がコストは少ないはずです。(制度を作って無駄な役所・役人を増やすよりは)

取り締まりも注意だけでなく、罰金を導入したら一定以上の効果はあるはずです。というか実際に平成27年の6月1日からの改正法で厳しくなっています。

情報発信サイトSyufeelに詳しく書いてあったので、参考にしみてください。→知らないのは罪!【道路交通法の改正】大きく変わる自転車ルール

話は変わりますが、オランダに行ったことありますか?僕はオランダのアムステルダムに行ったことがあるんですが、すっごく自転車の道路整備が行われているんです。自転車専用道路と言うのですかね、それがすごく発達していて、もう自転車スイスイ天国でした。

車みたいな渋滞もないし、二酸化炭素の削減にもなってるしで、「うわ、すごいな〜」と思った記憶があります。アムステルダムといえば世界的な都市ですからね。そんな都市にきちんと自転車専用の道を作るなんて、先見の明があった素晴らしい政治家がいたんでしょうね。

もちろんオランダは平坦な地形が多いと言う特性もあって、自転車との相性も良かったんでしょうけど。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*