ダイオキシンの問題に使われた税金と天下り

スポンサーリンク

ダイオキシン問題がかなり前に叫ばれました。
僕が小学生の低学年のころには校内焼却炉があったのですが、ダイオキシン法が成立し、撤去されたのです。

マスメディアによりダイオキシンは人体にとって有害だと報道され、僕たちは「ダイオキシン=悪」という意識を埋め込まされました。当時の僕もそう思っていました。

しかし、今では見方が少し違います。
ということで今日はそんなお話。

スポンサーリンク

そもそもダイオキシンは有害なのか?

ダイオキシンは有害ですか?と聞かれたらもちろんイエスと答えます。

しかし、有害なものを考えるにあたって大切なことはその「量」です。
だってそうでしょ?塩分だって摂り過ぎたら有害、もちろん糖分だって。

ダイオキシンももちろん有害なのですが、それは大量摂取をしたらの話です。
仮に1日のダイオキシン摂取量が今の100倍になったとしてもほぼ変わらないようです。

つまりダイオキシンを大量に扱ってる工場でのトラブルなどで大量摂取しないかぎりなんら問題ないのです。

焼却炉の制限がかかるとどうなるのか?

ダイオキシンの大半はプラスチックのゴミ(塩化ビニール)を燃やすと発生するということで、ダイオキシン法によりゴミの償却には制限がかかりました。

ではゴミはどうやって燃やすことになったのでしょうか?

各自治体に高性能焼却炉が導入されたのです。
これにより従来の焼却炉が排出するダイオキシンの量が10分の1になりました。

「おぉ〜素晴らしい!」と思いそうですが、
ぼくたちの主なダイオキシンの摂取はどこでおこなわれると思います?

空気中であれば超高性能の焼却炉を導入する意味はあるでしょう。

しかし、

ぼくたちが摂取するダイオキシンの95%は食品なのです!

ゴミの食薬とはほぼ無関係で、食品に使われる農薬が原因なのです。
ちなみに1970年代に使われていた農薬にダイオキシンが含まれており、その影響で食品に含まれていたそうです。(ダイオキシンの分解には時間がかかるため)

ダイオキシン法で得したところはどこか?

これまでの話で、ダイオキシンはそこまで気にしなくても良いということがわかります。

各自治体に導入された高性能焼却炉のメーカーはボロ儲け。
その購入費用は当然ながらぼくたちの税金。

メーカーと多額の契約をした官僚には天下り先が用意されてバンザイなんでしょうね。

まとめ

  • ダイオキシン方によってぼくたちは踊らされ、高性能焼却炉導入のため多額の税金が使われた。
  • 官僚はメーカーとの契約により天下り先確保

こんなのはほんの一例でぼくたちが支払う税金はとんでもないところに使われているはずです。
マスメディアが取り上げたニュースに踊らされてはダメなんですね。

ダイオキシン=有害
という言葉を鵜呑みにせず、どれくらいで有害になるのか?
そもそもなぜこのニュースをマスメディアはとりあげているのか?を考えないといけません。

それと覚えておきたいことが、
「国が対策をする=税金を使う」
は必ず成り立つのですから。

参考

http://biz-journal.jp/2015/04/post_9582.html

SNSでもご購読できます。