度の少し弱いメガネで視力は良くなるのか?リラックスメガネを購入したよ

リラックスメガネ

度数の少し低いメガネを購入しました。

今までは眼鏡で視力を1.2に合わせてたのですが、「そもそもそんなに遠くのもの見ないのに、強い度数の眼鏡にする必要があるの?」という疑問から度数の低いメガネの購入にいたりました。

高めの度数に設定しておきながら、結局はパソコンや本など近くのものを見る生活であれば、ますます視力が悪くなると思うんです。結局は矯正視力なんてのは『対処療法』に過ぎないんですよね。

ということで、眼科や眼鏡屋の意見に反対して、度数の弱いメガネで生活して視力の変化が起こるのかを自分の体で実験してみたいと思います!

緊張しっぱなしの毛様体筋

度数の強い眼鏡にすればするだけ視力って悪くなるんじゃないでしょうか?
近くのものを見る際には『眼の筋肉(毛様体筋)』が緊張(収縮)して、水晶体を膨らませてピントを合わせます。

反対に、遠くのものを見るときには毛様体筋は緩まり、水晶体を薄くしてピントを合わせます。つまり人間の体の構造上、デフォルト設定は遠くのものを見るようにセットしてあるのですね。(元々は外敵から身を守るために、遠くの物陰を見る必要がありますもんね)

現代の生活では、パソコンなどの作業で眼の筋肉使いっぱなしなわけです。
毛様体筋さんの筋トレを現代人は頑張り過ぎているので、目だけで比べたら、アーノルド・シュワルツェネッガーもびっくりの仕上がりになってると思います。(たぶん(=゚ω゚)ノ)

柔軟性を失った筋肉

筋肉の性質は『伸びる&縮む』があってこその筋肉なんです。

でも、筋トレ後のストレッチをおろそかにしている僕たちの筋肉は、縮んだままカチコチになってしまいました。
それで筋肉の柔軟性がなくなってしまったため、遠くのものにピントを合わせることのできない『目』になってしまったのです。(この状態を近視という)

さらに、眼鏡やコンタクトレンズを装着して、強制的に視力をアップして、遠くのものを見るのかと思いきや、結局は近くのものばかりを見る生活を僕たちは繰り返しています。
車で例えると、軽四から乗り換えてSUVを購入したのに、結局スーパーに行くだけ・・・みたいな。
高性能のパソコンを購入したのに、結局はyoutube見るだけ・・・みたいな。

矯正視力にして近くのものを見るので、様体筋さんはさらに筋肉を収縮させなければなりません。

もうどれだけ眼の筋トレ好きなの?ってくらい、眼の筋肉をいじめ抜いています。これ、完全なるオーバーワークってやつです。
そんな生活してるんだから「眼精疲労に悩んでて・・・」って、そりゃ当たり前でしょう。

リラックスメガネを購入

ということで、少しでも毛様体筋さんの疲れをとってあげようとの思いから、度数の低いメガネを購入しに行きました。
メガネを購入した眼鏡屋さんは『PARIS MIKI』、値段は5000円と最も安いものを購入したにも関わらず、非常に良い対応をしたくれた店員さんには感謝です。

僕「度数の低いメガネを作りたいのですが」

店員さん「リラックスメガネのことですね」

どうやら、メガネ業界では度数の低いメガネを『リラックスメガネ』というようです。んで、リラックスメガネも2種類の作り方があって、1つがそのまま度数を下げるもので、もう1つが、レンズの下側だけ度数を低くするものです。

全体的に度数を下げてしまうと、車の運転に支障をきたしてしまうので、同じメガネを常にかけ続けたい!という人は必然的にこっちになりますが、僕には関係ないので、全体的に度数を下げるメガネを作ることにしました。

1.2から0.7へ

僕の視力はとっても悪いので、視力検査では一番上のCの向きがわかりません。
矯正視力で1.2にしているのですが、これを0.7にしました。

なんで0.7なの?の疑問にお答えしておくと、パソコンの作業に負担がかからない程度にしたかったからです。
0.6でも作業自体は大丈夫そうのですが、眼の疲れ具合によっては文字が霞んでしまうので、そういうストレスなく作業をするために0.7を選択しました。(0.7あれば、車の運転もできるよね(`・ω・´)”)

今はメガネを変えて、昔の1.2のメガネは封印して生活をしています。
半径1メートル以内であれば、くっきり見ることができるのですが、ちょっと離れてしまうと文字が霞んで読めません。
いつもは読めていた本棚に置いてある本の題名が見えないのは、ちょっと変な感じがします。

でも、そういうときに目を凝らして本の題名を読もうとするのが、眼の体操に良いのでは〜と思っています。
昔、眼科や眼鏡屋さんには「目が疲れるので、あまり目は凝らさない方が良い」って言われて、信じていたのですが、今となってはそれって本当なの?と疑問を抱いています。

運動でもなんでもそうですが、負荷がかかる程度のトレーニングでなければトレーニングにはなりません。今までは『目を甘やかしすぎていた』のではないかと反省中なんですね。

ちょっと目が悪くなったからといって、すぐにメガネやコンタクトにするのはやっぱり間違ってるし、眼鏡屋とコンタクトレンズ屋の思う壺ですよね。

10年以上はメガネ&コンタクトレンズ生活でしたが、これからは度の低いメガネで生活して、視力改善ができるかどうかの実験をしてみます(*°∀°)=3

筋トレすればいくつになっても筋肉はつきますし、柔軟体操をすれば体は柔らかくなります。
ということは、理論上は目も一緒で、視力は回復するはずなんですよね。(モンゴルで遊牧民に混じって生活したらきっと良くなるはず・・・)

毎日パソコンで作業している僕がどれくらい目が良くなるのだろうか!?
視力の回復が見られたら、またサイトで報告しようと思います。
多分数ヶ月・数年の視力回復計画になるでしょうが・・・(`・ω・´)”

「へ〜」と思ったら
「いいね!」お願いします

オススメの本・漫画・映画・音楽・ガジェットなど

僕の人生の糧となってきた、漫画・本・映画・音楽を載せていきます。(随時更新)ついでに便利なガジェットもご紹介します(=゚ω゚)ノ

僕が書いてる記事の多くは、こちらのページにある本を参考にしています。


詳細ページはこちら

SNSでもご購読できます。

運営者:福山和寿

犬好きのアラサー男子。

モットーはだらけきった正義。
趣味はまったり読書、そわそわテニス観戦、適度な筋トレ。
将来の子どもたちのために何かできることはないかと模索中です。

サイトの内容を分けることにして、子どもの教育に関するサイトと、健康に関するサイトを新しく作りました。

 

記事によって「である調」や「ですます調」になっていますが、気分によって使い分けているだけなので、あまり気にせず読んでいただければと思います。

 

特定商取引に関する表示

コメント

コメントを残す

*