結婚する必要はあるのか?結婚を合理的に考えてみる

スポンサーリンク

本日も「Gallagher Note」をお読みいただきありがとうございます。
こんにちは、福山です。

結婚の晩婚化も進み、独身でずっといる人も増えています。というか僕も独身の一人ですが。結婚しなくてもいいんじゃない?って思ってたりもします。

子供がいないのは老後寂しいだろうなーとか思いますけど。それはまたそこで新しいコミュニティに属すればいいのかとも思ったり。

そのことについて、元2ちゃんねるの管理人「ひろゆき」さんと、チームラボの「猪子」さんのおもしろいお話がありましたので紹介します。

スポンサーリンク

結婚の合理性についての会話

ひろ 最近は晩婚化が進んでいて、若者の中には結婚するのは損だと思っている人も多いみたいですが。

猪子 超小さい頃の話だけど、俺のおばあちゃんの家って、お風呂とかは、薪(まき)を燃やしてたのね。洗濯は洗濯板だったし。その作業って限りなく大変だよね。

ひろ ガスもないし、洗濯機もない。ひとりで生活をするのは困難だった、と。

猪子 困難というか、今の人だったら無理だよね。コンビニもないわけだから。俺、高校生まで徳島にいたんだけど、うちの近くにはコンビニもファミレスもなかったの。スーパーもなくて、八百屋さんと魚屋さんと肉屋さんが別々だったから、ちょっと料理を作ろうなんて思ったら、何店も回らないといけない。しかも、すべての店が「18時には閉まります」みたいな状態だから、仕事をしていたら絶対に家事なんてできないよね。そうなると、生活の面倒を見てくれる人がいないと仕事ができなかった。だから会社も若い社員は寮に住まわせて、料理とか洗濯は集合でやっちゃうみたいな状態だった。仕事をするためには寮に入るか結婚するかしかなかったの。

ひろ でも、都会に住んでる今は、洗濯機もあるし、スーパーやコンビニもある。ひとりでも快適に生活ができる環境になった、と。

猪子 うん。今の俺の家、超片づいていて半端なくきれいなのね。それは、生活を維持するための家事が一瞬で終わるから。これだけ仕事で追われていてプライベートがほぼない状態でも、洗濯物とかも洗濯機に乾燥機がついているので、寝る前にボタンを押しておけば朝起きたときには乾いているし、お風呂もすぐに沸くから、独身でも何も困らないんだよね。

ひろ だから結婚する必要がなくなってきた、と。

猪子 昔は、結婚に合理性があったんだけど、技術の進歩とともにすごい勢いで結婚の合理性がなくなってきた。

ひろ でも、最近は不景気で貧乏な若者も増えたので、お金やモノを持ち寄ったり、共同で使ったりするシェアハウスとかも増えたじゃないですか。そういう面では昔に戻りつつあるのかなって思ったりもしますけどね。

猪子 生活費を抑えたり、家事を補完し合うという意味ではそうなんだろうけど、だからといってシェアハウスに住んでいる人同士が結婚するわけではないじゃん。

ひろ 日本は昔、生活面での手間やコストが高かったから誰かと一緒に住まなきゃいけなかった。でも、今は経済がよくなって技術も進歩したため、生活コストが低くなった。だから、ひとりでも生活できる時代になった、と。でも、また不況になって、共同生活をしないと生活ができない時代になったわけじゃないですか。そういう意味では、時代が後戻りしたような気がしますけどね。結婚ではなく、シェアハウスという形ですけど……。

参考:ひろゆき×猪子寿之「ひとりでも快適に生活できる今、結婚する合理性はない」

これね、非常におもしろい話だと思うんですよ。

電化製品の発達で主婦業は格段に楽になりました。そうすると「女性は主婦」をするという固定概念を飛び越え、どんどん働く女性が増えていきました。これは当然のことで、つまり男も女も関係なく、働きたければ働けばいいって話ですもんね。

そうなると結婚とかどうでもよくなるとは思うのです。

合理性という面からみると、本当に結構の意味がなくなってきています。

昔は結婚するメリットがありました。生きていくためにという意味でね。

でも、今は結婚しなくても自分で生きていけるし、結婚さえしなければ結婚後に訪れる煩わしさもなくなります。

ただ人間は合理性だけで全てが割り切れるようにはできてません。結局は人間だって動物なんだし、次の世代に遺伝子を残すためにも子供をつくらなくてはなりません。結婚はしなくてもいいけど、動物としての本能まで忘れてはいけないような気がします。

それでも「草食系男子」とかに代表されてるように、人間の「本能」が薄れてきてる現実もあります。

最近の子供はあんまり「お腹が減らない」んだってさ。昔の子供はいつだってお腹が減ってると思われていたそうですが。

食欲、性欲という2大欲求が薄れてきてるのが今の世の中。3大欲求のうち2つもが薄れてきてるのか〜と思うと、「人間」はどこに向かうんだろうかとも思ってみたりします。

合理性という名の元、人間は発達してきて、そして今があります。でも動物である以上、合理性だけでは切り捨ててはダメなものも絶対にあります。

それが俗に言う「愛」であったりするのかもしれませんね。

と、くさいことをいう前に、僕も結婚して子供作らなきゃな笑

SNSでもご購読できます。