現金はパパ活に使われていた

現金はパパ活に使われていた未分類
スポンサーリンク

もうずいぶんとキャッシュレス生活を送っております。クレジットカードに始まり、LINE PayやPayPayやKyash使いだし、すっかりと現金の生活とは離れてしまいました。

 

キャッシュレスだと記録が残るし、家計簿なんかにも超便利。現金をあえて使う人は、政治家や反社会的な人たち、そして高齢者だけなのかなーと思っておりましたが、見識が狭かったです。

 

現金はパパ活に使われておりました。

スポンサーリンク

Twitterを眺めておりますと、パパ活の成果を報告しているアカウントがありました。パパのことを『P』と表記しています。

なるほどですねー。こういうところに現金が介在しておるのですね。勉強になりました。

 

いやはや、パパ活って興味深いですね。新しい世界を知りました。

メルカリとかでやたら同一の化粧品を売ってるアカウントを見ると、「どこで仕入れてるんだろー?」と思っていたのですが、パパからのプレゼントなのかもですね。

 

ちなみに、パパ活で荒稼ぎしている人は税金にも気をつけましょうー。

しかしパパ活は個人事業主と同じ。自分で確定申告し、所得税を納税しなければ忘れたころに利息もついた督促状が降ってくる。

「まさか、パパ活ごときで税務署が私なんかに……」とあなどることなかれ。あなたは現金で受け取っているかもしれないが、パパ側のお金は銀行口座から出ている。そこから税務署の調査が入り、「パパ活女子にあげた」となれば、受け取った女性も贈与税か所得税でしょっぴかれる。

10人に1人が経験「パパ活」に潜む大きなリスク(トイアンナ)
パパ活が一般的な単語となりつつある。パパ活とは、女性が男性と食事など疑似デートをし、お金やプレゼントを受け取る行為。

パパ活っていまだにそこまでお金もらえるのでしょうかね?人が増えるとどこでも値下げ競争が始まるように、パパ活も値下げ合戦になってたりするのでしょか。興味深いです。

コメント