中古のアップル製品でAppleCare+がついていたら安心なのか?

Apple
スポンサーリンク

アップル製品は中古でも高く取引されます。アップル製品の魅力の1つなのです。

で、中古でアップル製品を購入する際、AppleCare+がついていたら安心できますよね。もし壊れたとしても、AppleCare+の力により修理代がグーと安くなりますから。

でもね、ちょっと気をつけたいことがあるんです。AppleCare+って解約できるんですよ。そしてAppleCare+は解約したら、残存期間に応じて返金されるんですよ。

スポンサーリンク

AppleCare+は解約できるので中古のアップル製品を購入するときは注意しよう

中古でAppleCare+付きのアップル製品を購入したとしても、AppleCare+は解約される可能性があります。怖いです。

ですから「AppleCare+付きだぜ!これ買っとけば安心だぜ!ヘイヘーイ」みたいなことが商品説明に書かれていたとしても油断してはなりません。

悪い人は、AppleCare+で商品価格を上げて商品を売り、取引が成立した後にAppleCare+を解約するでしょう。恐ろしや。

AppleCare+について↓

Legal - AppleCare+ - Apple

AppleCare+は譲渡できるが、個人情報の開示が必要

「中古で購入した後にAppleCare+を解約されるなんて許せないぜ!」

という方は、AppleCare+の譲渡を出品者に頼んでみましょう。AppleCare+は譲渡ができるのです。

AppleCare+の譲渡について、アップル公式サイトによると↓

https://support.apple.com/ja-jp/HT202712
  1. マイサポートにサインインして、AppleCare の契約番号、デバイスのシリアル番号、AppleCare プランの登録書を入手します。
  2. 新しいデバイスのご購入時のレシートを用意します。
  3. 新しい所有者の名前、住所、メールアドレス、電話番号を入手します。
  4. Apple サポートに問い合わせます。

マイサポートを見ればAppleCare+の契約番号、デバイスのシリアル番号、AppleCare+の登録書は入手できます。問題は、レシートというハードルです。

出品者が購入時のレシートを持っていなければ、AppleCare+の譲渡はできません。

レシートのハードルを超えたとしても、さらに高いハードルがあります。名前、住所、メールアドレス、電話番号を出品者に教えないといけないのです。

フリマサイトでは匿名配送が当たり前になりました。このご時世に、名前、住所、メールアドレス、電話番号を教えなくてはならないというのはなかなかきついです。

AppleCare+の譲渡は簡単ではないのですよ。出品者としても譲渡の手間があるので、譲渡を頼まない購入者に購入してもらいたいでしょうし。

というわけで、AppleCare+の譲渡はかなりハードルが高いよーって話でした。安心してAppleCare+付きの中古のアップル製品を購入したいのですが、「AppleCare+解約されるかも」という不安や、「個人情報を教えなくてはならないのかー」という別の不安が出てくるわけですね。

中古で購入するということは、こういう『不安』というリスクを背負わなければなりません。そういうことを考えていくと…新品でアップル製品を購入して使わなくなったら売るのがもっともコスパ良いのでは?みたいな考えになってきますー。

参考までに。それでは!

コメント