選択疲れを避けるためにもMacを選び続けているんだなぁと思った

スポンサーリンク

Macを選び続ける理由

僕はMacを使い続けています。
最初はウィンドウズを使っていて、大学生の時にMacBook Airの薄さに感動し、憧れを持つようになりMacを購入しました。

それ以来Macを使い続けています。
ただ・・・なぜMacを使い続けているの?と言われたら、特に理由が見当たりません。

なんでだろ〜?
と考え続けていたのですが、最近になってその答えがわかってきたのでそれについて買いていきます〜。

スポンサーリンク

もうパソコン選びに迷いたくない

先日、『選択の科学』という本を読んだんですね。→→→

題名の通り、“選択すること”についてめちゃめちゃ書かれていました。

  • ヒトは本能的に選択をしたがっている
  • 選択したいという欲求は幼児の時からある

「選ぶことができる」というのは喜びなんですよね。

例えば、「このパソコンしか選んじゃダメ」って言われたら嫌じゃないですか!
数ある中から選びたいですよね。

しかし、数が多すぎてもヒトは選べないんんです!
というのも、選択するにはエネルギーが必要であって、数が増えすぎるとエネルギー不足になって選ぶ気を失っちゃうんですよね。

これを読んで、僕は気がつきました。
「あ、だからMacを買い続けてるんだ」と。

Macを買うとしたら、

  • iMac
  • MacBook Pro
  • MacBook Air
  • MacBook
  • Mac mini

の5種類から選ぶことになります。
デスクトップ2種類、ノートブック3種類です。

んで、オプションとしてはCPUをアップグレードするかメモリをアップグレードするくらいしかないわけです。

つまり、選べているようで選べていないのがMacの購入なのです。

ウィンドウズだったら、

  1. たくさんあるメーカーから頑張って選ぶ
  2. 値段と比較しながらスペックを頑張って選ぶ
  3. ネットを徘徊しながら最安値を頑張って探す

と、選択肢が多いんですよね。

特に、Macってどこで買っても同じような値段なのに対して、ウィンドウズは価格変動が大きいので最安値を探すのがすごく疲れることだと思います^^;

Macは選択疲れが少ない

Mac選びは選択疲れが少ないのです!

  1. ノートブックにしよう!
  2. MacBook ProかMacBookで悩むなぁ・・・
  3. CPUはCorei5で十分で、メモリを16GBにしようか悩むな・・・
  4. ほい!購入

くらいなんですよ。

悩む箇所がウィンドウズと違ってめちゃめちゃ少ないんですよ!

このような意味でもアップルの売り方がうまいなー、というかヒトの心理がわかってるんだなぁと思いました。

これからも選ぶのがめんどくさいのでMacを使い続けようと思います(`・ω・´)”
こんな変な記事を読んでくださり、ありがとうございました。

こちらの記事もどうぞ

1.アマゾンプライムがお得すぎる→【最新版】超お得なプライム会員11のメリット!デメリットあるの?


2.僕が使ってるクレジットカードとポイント還元サイト→毎日のお買い物がちょっとお得になるクレジットカードとポイント還元サイト


3.スマホ代に月々8000円はもったいないです。他のことに使いましょ!→本を買うお金がない?ちゃんと格安SIMにしてスマホ代削ってる?


4.人生の糧になったもの→オススメの本・漫画・映画・音楽・ガジェットなど


メルマガも始めたので、僕と絡みたい方はぜひご登録を!


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*