【AndroidOSが最新にならない理由】どうやら古い機種はアップデートされないらしい

AndroidOSが最新にならない理由 Android
スポンサーリンク

私が持っているタブレットはHuaweiのタブレット『MediaPad T2 7.0 Pro』。2年ほど前に購入したものです。

そういえば全然ソフトウェアのアップデートしてないなーと思って、設定から更新を選んでも「最新の状態です」と表示されるだけ。

「これほんまかい?」

と思って調べてみると、どうやらAndroidのバージョンは8.0が最新みたいです。(2018年7月現在)。今使っている私のタブレットのAndroidのバージョンは5.1

「え????めっちゃ古くない?」

と思ったのですが、どうやら本当に更新されてないみたいなんですね。

「どういうこっちゃ!?」と思ったので調べてみました。

スポンサーリンク

メーカーがバージョンアップを提供しない限り、最新のAndroidへアップデートすることができない

iPhoneユーザーとして『更新されるのが当たり前』と思っていたのですが、Androidは機種によって更新される・されない、があるということなのかしら・・・と思い調べてみるとどうやらその通りなようです。

アップルはOSも機種もアップルが開発しております。

それに対して、AndroidはOSをグーグルが、機種はそれぞれのメーカーが独自の機能をつけて開発しております。

そのため、AndroidOSが最新バージョンが出ていても、メーカーがバージョンアップを提供しない限り、最新のAndroidOSにはならないとのことです。

ですから、数年以上経過したスマホ・タブレットはメーカーがアップデートを提供しないケースが多いようなのです。

つまり、Androidのアップデートはメーカー任せってことです^^;

ぶたさん
ぶたさん

それってセキュリティ不安じゃない?

とりさん
とりさん

そうなのよ。そこが一番気になるところなのよ。

私のタブレットでは、

『Androidセキュリティパッチレベル 2016年7月1日』

となっております。2年前。2年前だよ・・・。

iPhone以外のスマホ・タブレットが安い理由

なぜiPhoneが高いのか?なぜiPhone以外のスマホが安いのか?

その理由がなんとなく分かった気がします。今までは「ブランド力だろ?」なんて思っていましたが、どうやらそれだけじゃないようです。

アップルは古い機種にまでOSのアップデート対応を管理してくれますが、Androidは古い機種はメーカー任せになっているのです。んでメーカーは古い機種の設定にお金をかけることはしないので、

「後は個人でよろしくね☆というか新しいモデル買えよ!」

てな感じになっているんですな。

Androidってコスパいいなーと思っていたのですが、長く使うことを考えるとそうでもないなーと思っている今日この頃なのです。みなさま、セキュリティにはお気をつけください。

Androidの致命的な欠点です。

ぶたさん
ぶたさん

やっぱりApple好きや!

とりさん
とりさん

わいもや!

コメント