GoogleアナリティクスのデータをメールでEvernoteに定期配信する方法

グーグルアナリティクスのデータをEvernoteにメールで転送!
スポンサーリンク

グーグルアナリティクスのデータをEvernoteに自動で飛ばせるようになるってご存知でしょうか?

この設定をやってみたら、すご〜く便利だということに気がついたので情報をシェアしたいと思います(`・ω・´)”
これをやるためにはEvernoteの有料会員にならないとダメなので、無料会員を貫きたい人は残念ながら無理だということを早めに伝えておきます(´・ω・)

スポンサーリンク

グーグルアナリティクスのデータをEvernoteへ

それでは早速データの保存方法について書いていきます。

流れとしては、

  1. Evernoteにデータを保存するノートブックを作成
  2. Evernoteのメールアドレス確認
  3. グーグルアナリティクスのメール配信設定

になります。

Evernoteにノートブックを作成

evernote google analytics

Evernoteに保存用のノートブックを作成します。
名前はご自由に( ´∀`)

Evernoteのメールアドレスを確認

Evernoteのメールアドレスはご存知でしょうか?
無料会員だとあんまり使わないから知らないでしょうが、有料会員でEvernoteのメールアドレスを知ってないともったいないですよ。

僕は重要だなと思うメールは、GmailからEvernoteに転送して保存しています。
転送方法はEvernoteのメールアドレスを入力して転送するだけなので、超便利です(`・ω・´)”

Evernoteのメールアドレスは『登録情報の確認』に書いてあります。
忘れないうちに連絡帳か何かにメモです!

evernote google analytics

グーグルアナリティクスの設定

次にグーグルアナリティクスの設定を行います。

『行動』→『サイトコンテンツ』→『すべてのページ』を開いて『共有』をクリックします。

evernote google analytics

すると次のような画面が出るので、必要な情報を入力します。
頻度はお好みの設定で(`・ω・´)”

evernote google analytics

件名は以下のようにします。

件名 @ノートブックの名前

『@ノートブックの名前』をつけることで、自動でそのノートブックにメールが送られます。
すごく便利ですよね( ´∀`)

僕の場合であれば、『件名 @グーグルアナリティクスデータ』になるわけです。

週別と月別を送る

ちなみにですが、僕は

  • 週別
  • 月別

の2通のデータをメールで送ってEvernoteに保存するようにしています。
日別もできるんですけど、そんなにデータを見たって意味ない(時間の無駄)かなと思って、週別と月別にしています。

メールの解除方法

備忘録的にメール配信の解除方法についても書いておきます。

グーグルアナリティクスの管理画面より『ビュー』設定の下の方に『メール配信スケジュール』というのがあるので、それをクリックします。

アナリティクスのデータをEvernoteに

右端のプルダウンより『削除』をクリックできるので、「このデータいらね!」となったら削除してください。

Evernote google アナリティクス

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?
この記事では『Evernoteとグーグルアナリティクスの連携』について書いてきました。

Evernoteの有料会員でなおかすブログを運営している人であれば、これは知っておいて損はないですよ〜!!
毎週グーグルアナリティクスを開いてアクセスを見るのもめんどくさいですよね?

この方法で時間を短縮しちゃいましょう(`・ω・´)”
今回の記事も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

*Evernote関連記事

 

「へ〜」と思ったら
「いいね!」お願いします

スポンサーリンク

オススメの本・漫画・映画・音楽・ガジェットなど

僕の人生の糧となってきた、漫画・本・映画・音楽を載せていきます。(随時更新)ついでに便利なガジェットもご紹介します(=゚ω゚)ノ

僕が書いてる記事の多くは、こちらのページにある本を参考にしています。


詳細ページはこちら

SNSでもご購読できます。

運営者:福山和寿

犬好きのアラサー男子。

モットーはだらけきった正義。
趣味はまったり読書、そわそわテニス観戦、適度な筋トレ。
将来の子どもたちのために何かできることはないかと模索中です。

サイトの内容を分けることにして、子どもの教育に関するサイトと、健康に関するサイトを新しく作りました。

 

記事によって「である調」や「ですます調」になっていますが、気分によって使い分けているだけなので、あまり気にせず読んでいただければと思います。

 

特定商取引に関する表示

コメントを残す

*