ネイチャーやサイエンスの一流雑誌も嘘ばっかりだぞーby本庶佑

スポンサーリンク

真理を探求する前に、疑えるだけ疑う必要がある。

 デカルト

デカルトは言いました。

「疑いまくれ!」

と。

ノーベル生理学賞を受賞した本庄氏も同じことを言われています。

一流雑誌のネイチャーやサイエンスを信じちゃいがちです。

よくマスコミの人は「ネイチャー、サイエンスに出ているからどうだ」という話をされるけども、僕はいつも「ネイチャー、サイエンスに出ているものの9割は嘘で、10年経ったら残って1割だ」と言っていますし、大体そうだと思っています。

まず、論文とか書いてあることを信じない。自分の目で確信ができるまでやる。それが僕のサイエンスに対する基本的なやり方。

その通りですなー。でもそれって一般人であり、最先端の情報に触れるのが難しい私たちにとっては難しいところ^^;

疑おうと思えば、メタアナリシス(メタ分析)のデータでさえ疑えちゃいますもんねぇ。

いやはや、科学は難しいです。

そういえば、この前の話でも超有名なマシュマロテストが覆ってましたもんねぇ。いやー、なにかを信じるってコワイコトコワイコト。

有名なマシュマロテストに新展開!我慢が成功の鍵ではないのか!?
かの有名なマシュマロテストに新しい知見が加わりました。心理学の世界では教科書に載っちゃうくらいの確立された考えなのですが...

コメント