【テニス】プレッシャーボールとノンプレッシャーボールの違いとは?

プレッシャーボールとノンプレッシャーボールの違い テニス
スポンサーリンク

テニスボールには、

  • プレッシャーボール
  • ノンプレッシャーボール

の2つがあります。

ぶたさん
ぶたさん

プレッシャーボールとノンプレッシャーボールの違いってなんなの?

とりさん
とりさん

その違いをこのページでは説明していきます!

スポンサーリンク

プレッシャーボールのメリット・デメリット

弾み方

空気圧(1気圧以上になっている)+ボールの弾性力によって弾むため、弾みが良いのが特徴です。

しかし、空気が抜けると弾みが悪くなるため、購入当初の軽快なボールの跳ねはなくなります。蓋を開けて1週間も経てば、空気が抜けてしまうため全然違うボールになっております^^;

打球感

よく弾むため打球感はいいです。その反面、初心者はコントロールが難しいと思います。

こちらも蓋を開けた瞬間、空気圧が減っていくため、打球感は変化していきます。

値段

ノンプレッシャーボールに比べて値段が高くなります。また、空気が抜けたら買い換えないと打球感が悪くなってしまうため、こだわればこだわるほど買い換えが必要になります。

ノンプレッシャーボールのメリット・デメリット

弾み方

ボールの弾性力のみで跳ねます。

ゴムが劣化するまで使えるため、プレッシャーボールよりは安定した弾み方をします。

打球感

プレッシャーボールに比べると、重く感じることが多いです。しかし、ノンプレッシャーボールにより打球感は様々になります。

値段

プレッシャーボールに比べてお値段は安めです。空気が抜けることもないため、プレッシャーボールに比べて買い換えも少なくなり、お財布に優しいボールになります。

ゴムの劣化の前に、ボールのフェルト(毛)がすり減るので、それが買い換えのタイミングになるかと。

プレッシャーボールとノンプレッシャーボールはどちらを使うべきか?

試合に出る人はプレッシャーボールで練習を

試合で使われるボールはプレッシャーボールがほとんどです。

ですから、少しお値段は高くなってしまいますが、プレッシャーボールで練習するのがベターでしょう。

たまに遊ぶくらいならノンプレッシャーボール

頻繁にはテニスをしないけど、定期的にテニスをやるのであれば、ノンプレッシャーボールがいいかと思います。

もちろん使い捨て感覚で「テニスをやるときにプレッシャーボールを使う!」という選択もありです。これはそれぞれのお財布事情で判断してください。

コメント