北朝鮮のミサイル問題について

北朝鮮とミサイル
スポンサーリンク

本日も「Gallagher Note」をお読みいただきありがとうございます。
こんにちは、福山です。

北朝鮮がミサイルを日本に向かってボンボン打ってきてますがそれはなぜなのでしょうか?

橋下×羽鳥の番組でその話題について取り上げていたので、共有かつ備忘録的にまとめます。

スポンサーリンク

日本と北朝鮮とミサイルの関係

北朝鮮が潜水艦から日本に向け弾道ミサイルを発射した、など北朝鮮が日本に向けてミサイルを撃ってくる話題に事欠かないようになってきました。

つい先日では日本の近海にミサイルが落ちる事件までありましたね。日本の近海に落ちるってことは、漁船に当たる可能性も十分にあります。

もしミサイルが日本に落ちたら?

日本・アメリカ・韓国で北朝鮮を叩くといわれています。

が、しかし、

中間友好協力相互援助条約

というものがあります。

中間友好協力相互援助条約とは、中国と北朝鮮どちらかが他国に攻撃された場合、自動的に助けなければならないと定められている条約です。

ってことは、

北朝鮮を叩けば、中国が日本にバンバンミサイルを打ち込んでくる可能性だってあると橋下さんは言います。

また、日米韓で叩くと言っても、実際にアメリカ・韓国が動くのでしょうか?こういうのは日本の独断で判断が下せるようにしておかなくてはなりません。

日本は何で叩くのか?

そもそも日本には北朝鮮を叩く攻撃用のミサイルがありません。

日本「ミサイル飛んできた。」

日本「ミサイル当たった。」

日本「アメリカさんミサイルを敵国に向けて撃ってくれませんか?」

日本「お願いしますよ〜。」

ってのが現状です。

普通だったらミサイルが飛んでくる、もしくはミサイルが来るとわかった瞬間に反撃しますよね。

予測できる事態に備えてどう行動するかを、きちんと国が決め、さらに国民にそれをしっかりと伝えておかなければなりませんよね。

政治家が議論してるだけでは無意味。

北朝鮮はなぜ日本にミサイルを撃ってくるのか?

もし北朝鮮と韓国が戦争になることがあれば、在韓米軍も参戦します。

ということは、

沖縄・佐世保・横須賀などのありとあらゆる基地から、在日米軍も援助に行きます。

ってことは

北朝鮮からしたら、日本は後方支援基地・武器供給基地・発信基地になります。

ならば、

北朝鮮からしたら、日本の米軍基地を早いところ叩くのは当たり前の戦術ですね。

そうなることを想定して、北朝鮮はミサイルの練習&牽制をしているのでしょう。

まとめ

日本は自衛権の発動についてしっかりと考え、「日本は攻撃されたらどこまでやるのか」ってのを国民から信任を得るべき。

国民としても、日本は永遠不変で平和だ!って思ってはダメです。

 

SNSでもご購読できます。