【ベーシックインカム】日本国民に月8万円を支給するとしたら?

ベーシックインカム
スポンサーリンク

本日も「Gallagher Note」をお読みいただきありがとうございます。
こんにちは、福山です。

日本国民に月8万円を支給するベーシックインカムについて考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

月8万円ならどのくらいかかる?

ベーシックインカムを日本で導入し全国民に8万円を支給するとなると、月に10兆円、年間に120兆円が必要になります。

財源はどうするの?って話ですが、

消費税を20%くらいにあげると、日本のGDP内部需要は300兆円くらいあるので、300兆円×20%=60兆円。

今の社会保障費は30兆円。ベーシックインカムになると社会保障費も必要なくなるので、30兆円プラスして合わせて90兆円。単純に考えたら残りの30兆円はどうしよう?ってはなしです。

年金・生活保護などなどの社会保障をベーシックインカムに統一すれば、無駄な役所も必要なくなるので、公務員の給料も払わなくて良くなります。

ってことはなんとなくいけそうじゃないですか?

子供は支給を少し下げるとかにしたら全然いけそうですね。

ベーシックインカムを拒絶する原因

やっちゃえベーシックインカムとはなりません。その理由を少し挙げてみます。

8万円以上貰ってる高齢者が納得しない

国民年金・厚生年金・住宅手当・生活保護などの組み合わせで10万円以上を毎月貰っている高齢者たちが納得しないという問題ですね。8万円に下がっちゃうんですから。

厚生労働省の仕事がほぼなくなる

ベーシックインカムで社会保障を統一したら、厚生労働省の仕事がなくなっちゃいます。やっぱりすごい反発を受けますよねぇ。

感覚としては、郵政民営化で20万人くらいの公務員が一気に民間人なった感じ、プラス仕事を失うかもってことですから。

所得が多い人が8万円貰う必要があるのか?

これも絶対話題になる話です。

すでに年間ウン千万円、ウン億円稼ぐ人たちに8万円払う必要があるのか?

所得の線引きをするとなると、それを調査するための役所が必要になるので、また税金が使われてしまいます。

そんな役所を作るよりは、たっぷりお金がある人には「貰うor寄付」みたいな選択肢を用意すれば良いと思うんです。

金持ちの善意に任せるって形ですね。

追記:働かなくなるのでは?

ベーシックインカムが支給されると、「勤労意欲」がなくなると懸念されています。

しかし・・・働かなくていい時代が来るんです。

ロボット・AIの技術がどんどん進んでいるので、単純労働などの作業はしなくて良い時代がくるのです。

もっとクリエイティブな仕事を求められますからね。

というか・・・100年前の人から見たら、パソコンでカチカチやってる仕事ってそもそも働いてるとみなしてもらえないような気もします。それと同じように、100年後であれば、「働く」ってのが今とは全く変わってるでしょう。

SNSでもご購読できます。