中古でApple Watch series4の40mmを購入【series3から買い替え】

中古でApple Watch series4の40mmを購入【series3から買い替え】Apple Watch
スポンサーリンク

Apple Watch series5が発売されているこのご時世ですが、Apple Watch series4(40mm)を購入しました。というのも、〇〇Pay系の還元キャンペーンでお得に購入できたからです。そして今まで使っていたApple Watch series3(38mm)もお得にも売れました。

  • Apple Watch series4:34,000円で購入
  • Apple Watch series3:18,000円で売却(手数料、送料を考えると15,000円くらいが入ってくる)

 

この記事ではApple Watch series3からApple Watch series4に買い替えて、気がついたことを書いていきます。

スポンサーリンク

1 中古Apple Watch series4のレビュー【series3と比較】

ホワイトのバンドのものを選びました。

Apple Watch series4 中古で購入

白いバンドかっこいいですよー。Apple Watch series4からは文字盤ギャラリーに『インフォグラフ』というものが使えます。最初はごちゃごちゃしてややこしいように感じますが、慣れると情報量が増えるのでグッドです。

 

Apple Watch series4 中古で購入

心拍センサーも第2世代に進化しております。(ちなみにApple Watch series5と心拍センサーは同じです)

 

Apple Watch series4 中古で購入

0.7mm薄くなりました。また、デジタルクラウンが『触覚的なクリック感』に対応してまして、回すとカチカチします。

 

Apple Watch series4 中古で購入

スピーカーの穴も少し変化していますね。

1.1 Apple Watch series3、4、5を比較

Apple Watch series3、4、5のスペックを比較します。

 Series 5Series 4Series 3
発売日2019年9月2018年9月2017年9月
サイズ40mm/44mm40mm/44mm38m/42mm
プロセッサS5(64bitデュアルコア)、S3と比べて最大2倍高速S4(64bitデュアルコア)、S3と比べて最大2倍高速S3(32bitデュアルコア)
ワイヤレスチップW3W3W2
ストレージ32GB16GB8GB(セルラーモデル16GB)
厚さ10.7mm10.7mm11.4mm
常時表示機能××
デジタルクラウン触覚的なクリック感に対応触覚的なクリック感に対応デジタルクラウン
心拍センサー第2世代光学式心拍センサー第2世代光学式心拍センサー光学式心拍センサー
電気心拍センサー○(日本は使用できない)○(日本は使用できない)×
転倒検出×
Bluetooth5.05.04.2
位置情報GPS、コンパスGPSGPS
ケースの素材アルミニウム、ステンレス、チタニウム、セラミックアルミニウム、ステンレスアルミニウム、ステンレス
耐水性水深50mの耐水性能水深50mの耐水性能水深50mの耐水性能
バッテリー最大18時間最大18時間最大18時間

なぜ今頃になってSeries 5ではなくSeries 4を購入したかというと、表を見てもらえれば分かるように、「ほとんど性能に違いがないから」です。だから中古で安く購入できるSeries 4でいいか、という判断をしました。

1.2 サイズ感がちょうどいい【38mm→40mm】

Apple Watch series 3では小さいサイズが38mmでしたが、Apple Watch series 4では40mmになりました。サイズ感がすごくいいです。40mmはベストかもですね。

 

38mmではパスコードを押すときに押し間違いがあったのですよ。40mmではありません。それにメールなどの情報も読みやすくなりました。2mmの差でこうも違うとは驚きです。

 

ちなみに44mmは大きすぎたので一瞬で候補から外れました。

1.3 アプリの反応速度が上昇↑

プロセッサがS3からS4になったことで、アプリの反応速度が変わっておりました。私がよく使うMindNodeというアプリでは結構な差が出ております。

Apple Watch series3からseries4にしたらMindNodeの反応速度が上昇(左が4、右が3)

S5とS4の違いですが、どちらも「S3と比べて最大2倍高速」という表記がされていますので、Apple Watch series 5とApple Watch series 4の性能はそこまで違わないはずです。(ネットで調べても体感できるほどの差がないようです)

 

「プロセッサにほとんど差がない」というところが、中古でseries4を購入した大きな理由の1つです。

1.4 Macのパスワード解除の失敗が減った

プロセッサがS3からS4になったためか、Macのパスワードの解除の失敗が減りました。加えて、パスワード解除にかかる時間も減りました。これはMacユーザーとしてはかなり嬉しいところ。

 

Apple Watch series 3ですと、ちょいちょいパスワードの解除ができなくなっていたんですね。これは嬉しい進化です。

 

ちなみにApple Watchが2台あれば、どちらからでもApple Watchが解除できるようになります。さすがはAppleさんとでも言いましょうか、腕に巻いて持ち上げた方を『使用しているApple Watch』として認識します。

Apple Watch Mac解除

 

ちなみに、Apple Watchを手首につけて持ち上げた方が、iPhoneと自動的に接続されます↓

Apple Watch 2台 認識

1.5 ストレージが8GBから16GBに増加したけれど使ってない

ストレージが倍になったのですが、そもそもストレージを全然使ってなかったのでここの恩恵は受けられていません。series 5ですと32GBもありますね。

 

おわりに

series3からseries4に替えてみると、反応速度の向上に驚く結果となりました。すべての動作がワンテンポ早くなるのでいいですね。

 

ということで、中古でApple Watch series 4を購入するのはなかなかいいのではないでしょうか。仮に35,000円で購入して1年間使ったとしても、たぶん20000円くらいで売却できます。

 

Apple製品はリセールバリューが高いのでいいですね。参考まで。それでは!

*参考

Apple Watch - モデルを比較する
最新のApple Watch(Apple Watch Series 5とApple Watch Series 3)の各モデルの仕様を比較できます。

コメント