iPhone 12 Proのカメラがすごい【夜でもポートレートが使えるぞ】

iPhone
スポンサーリンク

iPhone 12 Proのカメラ性能がすごいですね。もうスマホのカメラの完全体になったのではないでしょうか。「スッゲー遠くのものを撮影したい!」というガチの人以外は、iPhone 12 Proのカメラで事足りますね。普通の人にとって、デジカメも一眼レフもいらない時代がきました。

そんなiPhone 12 Proのカメラがスゲーというだけの記事。

スポンサーリンク

iPhone 12、12 Pro、12 Pro Macのカメラの違い

iPhone 12、12 Pro、12 Pro Maxではカメラ性能が違います(フロントカメラは一緒で、背面カメラが違います)。背面カメラの違いを表にまとめると↓

 iPhone 12iPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
レンズデュアル12MPカメラシステム(超広角、広角)
超広角:ƒ/2.4絞り値
広角:ƒ/1.6絞り値
Pro 12MPカメラシステム(超広角、広角、望遠)
超広角:ƒ/2.4絞り値
広角:ƒ/1.6絞り値
望遠:ƒ/2.0絞り値
Pro 12MPカメラシステム(超広角、広角、望遠)
超広角:ƒ/2.4絞り値
広角:ƒ/1.6絞り値
望遠:ƒ/2.2絞り値
ナイトモード
Deep Fusion
Apple ProRAW×
手ぶれ補正光学式手ぶれ補正デュアル光学式手ぶれ補正センサーシフト光学式手ぶれ補正
カメラズーム2倍の光学ズームアウト
最大5倍のデジタルズーム
2倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、4倍の光学ズームレンジ
最大10倍のデジタルズーム
2.5倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、5倍の光学ズームレンジ
最大12倍のデジタルズーム
ナイトモードポートレート×
ビデオの手ぶれ補正光学式手ぶれ補光学式手ぶれ補センサーシフト光学式手ぶれ補正
ビデオのズーム2倍の光学ズームアウト
最大3倍のデジタルズーム
2倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト
最大6倍のデジタルズーム
2.5倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト
最大7倍のデジタルズーム
LiDARスキャナ
×

iPhone選びでカメラ性能を重視するなら、12 Pro Maxなのです。

iPhone 12 ProにはLiDARスキャナ搭載

2020年モデルのiPad Proに搭載されたLiDARスキャナが、iPhone 12 Proにも搭載されました。この機能により、夜でもポートレートで撮影ができるようになりました。(ポートレートは、背景をボカせるやつです)

つまり、夜でもお洒落な写真が撮影できるというわけです。LiDARってARだけじゃなかったのですね。

Apple ProRAWで編集ができる

とうとうiPhoneでRAWデータを扱えるようになりました。私のような素人には関係のない機能ですが、写真をがっつり編集したい人にとっては神アップデートかと。iPhoneで撮影した写真をiPadにAirDropで送って、iPadとApple Pencilを使いながらがっつり写真を編集できるっぽいです。

フロントカメラでもナイトモードができる

Proに限らず、iPhone 12ではフロントカメラでナイトモード撮影ができるようになりました。夜でも自撮りがはかどります。夜でも大切な人との思い出が綺麗に残せます。iPhone 12素敵。

おわりに:カメラをガンガン使うならiPhone 12 Pro Max

私は購入しませんが、「カメラをガンガン撮るぜ!」という方は、iPhone 12 Pro Maxを購入しておけば幸せになりそうです。MaxじゃなくてもProで良さそうですが、『カメラをガンガン使う→バッテリーが気になる』と思うので、バッテリー持ちが良いMaxの方がいいのかもしれません。iPhone 12、12 Proはビデオ再生が最大17時間なのに対し、12 Pro Maxは20時間とかなり伸びております

 

いやー、iPhone 12 Proはすごいですねー。LiDARという最新のハードとソフトウェアを組み合わせると、夜でもポートレートが撮れるのですね。こんなの作られたら、カメラメーカーからするとたまったもんじゃありませんな😅

 

以上、iPhone 12 Proのカメラがすごいぜーという記事でした。参考までに。それでは!

 

コメント