電子マネーの『プリペイド式』と『ポストペイ式』の違いをまとめた

プリペイド式 ポストペイ式 違い 生活の知恵
スポンサーリンク

ICカードの『プリペイド式』と『ポストペイ式』って何が違うんだろう。

その疑問にお答えします!

簡単に言葉を学んでおきますと、

  • プリペイド:前払い
  • ポストペイ:後払い

という意味になります。

 

プリペイド式とポストペイ式の違いを表にしました。

 プリペイド式ポストペイ式
入会条件簡単審査が必要(クレジットカードに紐づくため)
チャージの必要性必要不要(クレジットカードの使用分と一緒に請求される)
利用限度額少額決済限定高額決済にも使える
ポイントの付与ない場合もあるあり
紛失・盗難の補償原則なしあり
種類Suica、WAON、Edy、nanacoなどiD、QUIC Pay、PiTaPaなど
スポンサーリンク

ポストペイ式の電子マネーの方が便利!

クレジットカードと紐付けなくてはいけないので、ある一定の年齢にならないと使えないのですが、便利さとしてはポストペイ式が優れています。

クレジットカードと違い、サインや暗証番号がいらない

クレジットカードでも、コンビニなどの少額決済で済むところはサインや暗証番号が不要になってきています。ですが、ポストペイ式はどこでもサインや暗証番号は不要。専用端末にICカードをかざすだけ。

 

この快適さに慣れると、クレジットカードには戻れません。

 

オススメのクレジットカードはこちら>

チャージが不必要なのが便利

ポストペイ式電子マネーで使った金額は、後からクレジットカード代金と一緒に請求されるようになっています。ですからプリペイド式電子マネーのSuicaやICOCAのように前もってチャージしておく必要がありません

 

「チャージした金額残ってたかな?」という煩わしさから解放されます。

クレジットカード一体型・おサイフケータイが便利

  • 専用のICカード
  • クレジットカード一体型
  • おサイフケータイ

などの種類がありますが、クレジットカード一体型やおサイフケータイが便利です。

 

というのも、専用のICカードだと、クレジットカード+専用のICカードで2枚も必要になっちゃいますから財布を圧迫してしまいます。

ポイントを貯めることができる!

ポストペイ式は後からクレジットカード代金と一緒に請求されるため、クレジットカードのポイントが貯まります。

 

プリペイド式でもポイントを貯めれるものもありますが、ポイント還元率はプスとペイ式に比べて低めな印象です。

紛失・盗難の際はクレジットカードと同じ補償が受けられる

クレジットカードと連携しているため、カードやおサイフケータイを盗難・紛失した場合には、被害額の補償を受ける事ができます。

おわりに;社会人になったらポストペイ式

学生の間は仕方なくプリペイド式一択になると思います。でも社会人になったらプリペイド式を卒業してポストペイ式になるのがいいかなーと私は思います。

 

  • クレジットカード一体型でスッキリ
  • チャージが不要なので時間を無駄に使わない
  • 補償サービスがあるので安心

ということで便利かなぁと^^

 

それでは!

 

ハピタスの公式サイトはこちら→賢い人のお得なサイト『ハピタス』の無料登録はこちら>

「ハピタス?なにそれ?」

という方はこちらの記事を参考にしてみてください↓↓↓

アップル製品やアプリをお得に購入するにはハピタスを利用
本日も「Gallagher Note」をお読みいただきありがとうございます。 こんにちは、福山です。 アップル好きの皆さん、Mac・iPhone・iPad・アプリなどはどこで購入してますか?私は一度あるサイトを経由してから購入するよう...

コメント