ZOZOが時給1300円でバイトを募集した結果→応募殺到【人材不足ではなく奴隷不足だった】

ZOZOが時給1300円でバイトを募集した結果→応募殺到 日記
スポンサーリンク

ZOZOの時給が1300円に!【藤田孝典さんのおかげ?】

という記事を先日書きました。1300円ってなかなか衝撃的な時給ですよね。

その結果・・・

物流センターのアルバイト2000人を新規雇用し、時給を1300円とし、ボーナスも支給すると発表したところ、応募が殺到し、15日正午に募集を締め切ることになった。引用:https://mainichi.jp/articles/20190514/k00/00m/020/241000c

と、めちゃめちゃ応募があったようです。

 

「人材不足」と嘆かれていたりしますが、全然そんなことありませんね。人材不足なのではなく、低賃金で働いてくれる人が不足している、ということです。つまり、奴隷不足ですね😱

現代の日本がいう人材不足とは?→低賃金で単純作業をしてくれる労働者がいない

 

働いてくれる人にしっかり給料を払うことができない企業は、とっとと市場から撤退してもらいましょう。それが資本主義における不景気の意味ですから。(淘汰圧がかかる)

こんなことを書くと、「働いている人はどうするんだ!?」という批判が来そうですが、そのために、

  • 失業手当
  • 生活保護

があります。

特に、これからの時代は生活保護受給の知識は必須ではないでしょうか。ボロボロになって精神を壊す前に。

生活保護を申請しよう!【すべての国民は健康的で文化的な生活ができる】

 

加えて、ベーシックインカム実現の社会に向けて、生活保護はどんどん申請した方がいいと思います。だって、働いている意味ない仕事って多いですもん😅

 

古臭い考えかもしれませんが、本当に必要な仕事ってものづくり系なんですよね。クリエイティブ系です。

いつの間にやら「管理する側のホワイトカラー」に価値が置かれるようになってしまいました。これって歪んでるんだと思います。ブルカラーは3Kなんて言われて嫌なイメージがあるかもしれません。でも彼らこそ仕事人なんですわな。

それでは!

コメント