覚醒剤と大麻の違い【覚醒剤は脳の回路が変性して戻らない】

スポンサーリンク

脳科学者の池谷裕二さんの『脳はみんな病んでいる』で、大麻と覚醒剤の違いについて書かれていたところが興味深かったのでメモ。

スポンサーリンク
  • 大麻:ダウナー系の薬物で、気分としてはフワフワとした感覚で気持ち良くなる。その意味ではお酒と似ている。身体的依存性も少ない。食欲を亢進させる作用もある。
  • 覚醒剤:ドーパミン系神経回路(報酬系回路)がシナプスのレベルで変化。そしてこれは一生治らない。脳が変わるのだから、気合いとか根性でどうにかなるようになるものではない。

 

この本を読むまでは、「そんなに違いがないのかなー」くらいの認識でしたが、あらためて覚醒剤の恐ろしさを認識しました。シナプスを変化させ、そして2度と戻らないとは・・・。覚醒剤、ダメ絶対ですね。それでは!

コメント