Dolby Atmosとは?【Apple TVを購入して思ったこと】

Dolby Atmosとは?【Apple TVを購入して思ったこと】 Apple TV
スポンサーリンク

Dolby Atmosってなに?

そんな疑問に答えます。

 

Apple TV、Apple TV 4Kは共にDolby Atmosに対応しています。私はApple TVを持っているのですが、長らくDolby Atmosについてはほったらかしていました。ようやくイロイロと調べてみましたので、この記事では調べたことをまとめていきます。

Dolby Atmosとは?【Apple TVを購入して思ったこと】

スポンサーリンク

Dolby Atmosとは?

Dolby Atmos(ドルビーアトモス)は、ドルビーラボラトリーズ(Dolby Laboratories, Inc.)が開発したサラウンド記録再生方式です。これだけ聴いてもなんのこっちゃという話なので、公式サイトを引用します。

映画館でドルビーアトモス
ドルビーアトモスは、音声オブジェクトと天井スピーカーという映画音響にとって重要な2つの概念を導入することによって、力強い、移動するオーディオを実現します。

ドルビーアトモスは、音声オブジェクトと天井スピーカーという映画音響にとって重要な2つの概念を導入することによって、力強い、移動するオーディオを実現します。これらが相まって、サウンドトラックがどのように作成されて聞こえるのかということを根本から変えます。

これを読んでも「は?」となると思います笑。

でももう少し引用してみましょう。

従来のサラウンドサウンドトラックでは、すべてのサウンドをごく少数の知覚角度から発信できる少数のチャンネルセットに閉じ込めます。サウンドを頭上に持ってくることはできません。さらに、どのサウンドも1つのチャンネルミックスの一部として存在します。1つのサウンドを従来のミックスで強調する場合は、別のサウンドを絞らなければなりません。

それとは対照的に、ドルビーアトモスではサウンドがチャンネルから解放されます。これによってアーティストは、特定のサウンドを「音声オブジェクト」と呼ばれる個別の実体として扱うことができます。この音声オブジェクトは、サウンドトラック制作者が、特定のチャンネルに閉じ込めることなく、映画の3次元空間内のどこにでも正確に配置したり移動したりできます。もちろん、アーティストは必要に応じてチャンネル機能を引き続き使用することもできます。すると、ドルビーアトモスシネマプロセッサーが、映画の多数の前面、背面、側面、天井のスピーカーのどれを使って、このリアルな動きを再現すればよいのかを判断します。

結果として、ドルビーアトモスのサウンドトラックは、スクリーンに映し出されたストーリーに従来の手法では不可能だった命を吹き込みます。映画のサウンドが観客の周囲を流れることで観客をアクションに引き込むことができ、ストーリーの影響が強調され、心を揺さぶるようなシネマ体験を味わうことができます。

 

ようは、従来のサウンドより、ドルビーアトモスはスッゲー!!

 

ということですね笑

Apple TVでDolby Atmosを楽しむために必要な音響機器

Apple TVでDolby Atmosを楽しむために必要な音響機器

Apple TVはDolby Atmosに対応していますが、Dolby Atmosに対応する音響機器を持っていなければ意味がありません😱

 

そして、ガチでDolby Atmosを楽しもうと思うなら・・・天井にスピーカーを設置しなくてはなりません🤢これはもう絶望的。

ドルビーが推奨する家庭用のスピーカー配置は、「7.1.4」「7.1.2」「5.1.4」「5.1.2」の4つ。最後の数字は天井スピーカーの数で、4個あるいは2個を天井に設置することになる。

引用:https://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1407/24/news091.html

 

ドルビー推奨のスピーカー配置はあきらめましょう。ほとんどの人が無理です。

 

こちらのSONYのサウンドバー2.1だと、4万円ほどでドルビーアトモスを楽しむことができます

天井にスピーカーをつけなくとも、ソニーの技術で3次元の立体音響を実現しております。

Apple TVでDolby Atmosを楽しむために必要な音響機器

 

もう少しお金を出せば、3.1chにもできます。

ソニー独自の技術が光ります。

Apple TV ドルビーアトモス

 

 

音響にならとことんお金をかけるで!と言う方は7.1chにもできます。

天井の音を反射させることで、上からの音を実現させます。

Apple TV ドルビーアトモス

おわりに

奥が深い・・・ですね。こういうのを知っちゃうと、Apple TVの性能を全然引き出してないなーと思ってしまいます😅私が持っているのはApple TVなので、Apple TV 4Kユーザーはなおさらそうかもです。

 

久しぶりにテレビの値段を調べてみると、4Kテレビが驚くほど安くなっていますね。まさか5万円を切るお値段で購入できるとは。

 

Apple TV 4Kを最高に楽しみたい人は、4Kテレビとドルビーアトムスの音響機器を揃えてもいいかもしれませんね。5万のテレビと4万の音響で10万円も出せば、とりあえずは揃えられますね。というかこれで10万円かー。

 

私が大学生の頃、4Kでもなんでもない32型のテレビを9万円くらいで購入しました。海外旅行を除き、テレビが一番高い買い物でした。いやはや、技術の進歩は凄まじいですね。より綺麗になって、より音響が良くなって、より安くなっているなんて。クゥー。それでは!

コメント