HHKBの種類と選び方をまとめました

HHKBの種類と選び方をまとめましたMac
スポンサーリンク

HHKBっていくつか種類があって、どれを選んでいいか分かりづらいなー

そんな疑問に答えます。

私はHHKB Professional2を使っておりますが、選ぶ時にはイロイロと調べました。その時に調べたことをまとめていきます。

 

*追記

2019年12月に新型のHHKBが発売されました。さっそく新型を購入しました。これからHHKBを購入するのであれば、新型一択かと。

HHKB Professional HYBRID Type-S購入【レビュー】

スポンサーリンク

1 HHKBの種類と選び方

それでは以下に、HHKBの種類と選び方について書いていきます。

1.1 無線がいいならHHKB Professional  BT

Bluetoothで接続して使いたいなら、『HHKB Professional  BT』ですね。2019年19月現在、無線で使えるHHKBはコレだけです。(これ以降に紹介するHHKBは、すべて有線接続のものです)

Bluetoothで接続できるので、MacだけでなくiPhoneやiPadのキーボードとしても使えます。

 

色は、

  1. 黒(墨)

の2種類があります。

 

配列は、

  1. 日本語配列
  2. 英語配列
  3. 英語配列(無刻印)

の3種類があります。

 

個人的には、黒色の英語配列が一番カッコいいかなーと思っております。ただし・・・黒色だとキーの刻印が見えづらいので注意です😅

 

*日本語配列(黒)↓

 

*日本語配列(白)↓

 

*英語配列(黒)↓

 

*英語配列(白)↓

 

*英語配列(黒)無刻印↓

 

*英語配列(白)無刻印↓

1.2 定番なのが『JP』か『Pro2』

HHKBの定番製品が、

  • HHKB Professional  JP(日本語配列)
  • HHKB Professional 2(英語配列)

の2つです。

 

この2つは、日本語配列と英語配列のみが違うだけで、あとは同じです。どちらも色は白と黒から選べます。また、英語配列に限り、『無刻印』というマニアックなものを選択できます。

*HHKB Professional JP(日本語配列) 白色 ↓

 

*HHKB Professional JP(日本語配列) 黒色 ↓

 

*HHKB Professional 2(英語配列)白色 ↓

 

*HHKB Professional 2(英語配列)白色 無刻印↓

 

*HHKB Professional 2(英語配列)黒色↓

 

*HHKB Professional 2(英語配列)黒色 無刻印↓

1.3 打鍵音を抑えたいなら『TypeーS』

「HHKBの打鍵感は欲しいけれど、音がカチャカチャ鳴るのがうるさい!打鍵音が小さいキーボードがいい!」と言うのであれば、『HHKB Professional Type-S』を選びましょう。色が白色のみなので注意が必要です。

*HHKB Professional Type-S 日本語配列↓

 

*HHKB Professional Type-S 英語配列↓

 

*HHKB Professional Type-S 英語配列 無刻印↓

おわりに

以上、HHKBの種類と選び方をまとめてきました。HHKB、どう考えても高いですね😱

 

ちなみに安く手に入るHHKB Lite2というものもありますが、こちらはHHKBの代名詞ともいえる『打鍵感』がそこまでありません。というのも、『静的容量無接点方式』と呼ばれるキースイッチではなく、よくあるキーボードのメンブレン方式が採用されているからです。

*Lite2 英語配列 黒色↓

 

*Lite2 日本語配列 白色↓

 

キーボードに2万円を出すか・・・というのはかなり微妙なラインかと思います。私的には購入してヨカッタとは思っているものの、大満足かと言われると「うーん」という感じです。特にこだわりがなければ、そこそこのお値段で手に入るキーボードでいいんじゃないかなーと思う次第であります。それでは!

 

*関連記事

Magic Keyboard(US配列)を使い始めて分かったHHKBの素晴らしさ

HHKB Pro2の墨・刻印有りモデルを半年使って思うこと

コメント