Blue YetiとShure MV51の音質を比較してみた【iPad Pro内蔵マイクも合わせて比較】

Blue YetiとShure MV51の音質を比較してみたMac
スポンサーリンク

マイク界で有名なBlue Yetiを購入しました👍

ということで、今使っているShure MV51と音質を比較してみました。この記事ではBlue Yetiを購入してみての感想と、音質の比較について書いていきます。

スポンサーリンク

Blue Yetiを購入してみて

まずはBlue Yetiを購入してみての感想を書いていきます。

1:Blue Yetiの写真

Blue Yeti 写真

こんな箱に入っています。

Blue Yeti 写真

取り出してみるとこんな感じ。

Blue Yeti 写真

スイッチを切り替えることで、指向性を切り替えることができます。

2:Blue Yetiにポップガードをつけてみた

ポップノイズを防ぐためポップガードをつけてみました。

購入したポップガードはこちら↓

これをBlue Yetiに装着すると・・・

Blue Yeti 写真

ダサい・・・

遠くから見るとそうでもないのですが、近くで見るとなんか不自然なのですね🤢まぁ安いからいいけれど。

3:Blue Yetiは想像以上に大きい

購入してみて一番驚いたことが、

 

Blue Yeti超でかい・・・

 

ということです。想像以上に大きかったです。

Blue Yeti 写真

15センチ物差しを当ててみるとその大きさが分かるかと思います😅

Blue Yeti 写真

収納モードにしてもでかいです。そしてポップガードがダサい😂

4:ミュートがあるのがいい

ミュートボタンがあるので、そこをポチッと押すだけでミュートにできるのがいいですね👍

5:4つのモード

Blue Yeti 単一指向性

PATTERNと書かれているツマミをひねるとマイクのモードを切り替えることができます。

  1. ステレオモード(楽器の録音に使えるそうな)
  2. 無指向性モード(全方向から音をひろいます)
  3. 単一指向性モード(マイクの正面の音をひろいます)
  4. 双指向性モード(マイクの前後の音をひろいます。対面のインタビューに使えるそうな。)

私は単一指向性モードだけを使う予定です。

Shure MV51とBlue Yetiを比較してみて

では私が使っているShure MV51と比較してみました。

1:音質比較

音質を比較した動画を撮りましたので、聞いてみてください。(録音環境を揃えています)

【マイク比較】Blue YetiとShure MV51の音質を比較してみた
  1. iPad Pro10.5インチの内蔵マイク:3分9秒〜
  2. Shure MV51:8分3秒〜
  3. Blue Yeti:13分〜

 

Shure MV51もBlue Yetiもホワイトノイズがほぼ入ることなく、綺麗に録音できているかと思います。指向性もほぼ同じくらいなのかなーという印象です。

2:使いやすさ

Shure MV51とBlue Yetiともに

  • ワンタッチでミュートにできる
  • 単一指向性がある

ということで、機能面はあまり変わらないのかなーと。Shure MV51はライトニング端子にも繋げられるので、iPhone・iPadユーザーにはメリットがあります。そういう理由で私はShure MV51を購入していました。

Mac用マイク『Shure MV51』を購入!Blue Yetiにしなかった理由

3:サイズとデザイン

ポイントはここかな、という感じです。

 

Blue Yetiは大きすぎる

 

というのが気になるところです。机に置くと存在感がありまくりです。机をスッキリ見せたいのであればShure MV51がいいかと思います。もちろんBlue Yetiのデザインが好き!という方もいますので、これは悩ましい問題ですね😅

おわりに

どちらも音質がいいマイクですので、どちらを購入してもいいかなーという感じです。私的に言えば、Shure MV51を持っているから別にBlue Yetiを買わなくてよかったな・・・と思う次第であります😂音質・単一指向性ともに同じくらいではないかと。

 

値段も同じくらいですので、あとはサイズとデザインの好みの問題かと。私はShure MV51の方がデザイン的には好きかな(今まで使ってきた愛着を抜いても)。

 

参考までに。それでは!

コメント