税金で無駄にお金を使うくらいならPayPayを見習って還元せよ!

スポンサーリンク

PayPayの20%還元セールで、予算の100億円がたった10日で終了しました。予定では3ヶ月ほど続くはずだったのに・・・たったの10日で100億円がなくなりました。

20%還元ということで、500億円の購買が10日で行われたわけです。1日50億円ですな笑

財布の紐が固いと言われていますが、このキャンペーンでみんなゆるみまくりました。まさかこんなところに経済活性の方法があったとは・・・。

こちらの記事が参考になりました。

PayPayは壮大な社会実験だった。このノウハウで景気拡大、デフレ脱却!! - More Access! More Fun
100億円がバックされるPayPayがわずか10日でキャンペーンが終わりました。500億円の購買に結びついたわけです。他の電子決済は涙目。ついでに乗らなかったヨドバシカメラも涙目。ww 一番勝ったのはビッグカメラでしょう ...
スポンサーリンク

還元されたポイントも使うから景気拡大

還元されたポイントは現金ではありません。ペイペイポイントになります。ポイントということで、寝かせていても利子はつきません。つまり、この100億円分のポイントは必ず消費されるというわけです。

ということで、計600億円のお金が動き出すのです。

  • わけわかんない公共事業で土建屋に税金を投入するより
  • オリンピックを開催するより
  • 大阪万博を開催するより
  • 政治家や官僚や有識者やらが無駄に会議するより

ガンガンとお還元キャンペーンやったほうが経済が活性化するのではないでしょうか。少なくとも、ペイペイキャンペーンはそれを証明してくれました。

土建屋にお金流すより、わけわかんない団体に補助金を流すより、

みんなが平等に使えて経済活性できる還元キャンペーン

の方がいい!ということですな。いや、本当に、経済を活性化する方法はこれがベストアンサーなんじゃないでしょうか。民間企業のこういう素晴らしいアイデアこそが、日本に活力を与えるんでしょう。やっぱり小さな政府がいいですなー。

コメント