そもそも国会議員って何してるの?それで給料どれくらいもらってるの?

スポンサーリンク

全国民の代表と言われている国会議員についてまとめてみました。

僕も含めてですが、僕の周りの友達は政治というものに本当にうとかった。
理系ということもあるのでしょうが、それを言い訳にはできないですね。

ということで、今日は国会議員について学んでいきましょう。

スポンサーリンク

国会議員とは?

そもそも国会議員は何をしているのでしょうか。

法律を作る

国会議員という言葉を分解してみると「国会」の「議員」なわけです。
国会は法案を審議するための機関です。
つまり国会議員は国会で法律を決めているのです。
(予算の議決、内閣総理大臣の氏名、条約の承認などもあります。)

国民の暮らしをより良くするための法律を決めているんですね。

でもここで疑問がでるのです。

法律を作るって・・・?難しそうじゃない??

実際には国会で院議する法案は、内閣が提出するものと国会議員が提出する2パターンです。
(内閣では各省庁で立案され、内閣総理大臣名で提出)
(国会議員では衆議院では議員20人以上、参議院では10人以上の署名を受け提出)

法案作成には専門的知識が必要

多くの場合、法案の多くは内閣から提出されているようです。
また内閣と言っても、実際は各省庁の官僚から、つまりは公務員の方が作成しています。

国会議員の知識量では法案作れないぞ!という反省から国会議員は「政策秘書」を雇うことができるようになりました。

国費で政策秘書を雇うだと・・・?

国会議員が雇う秘書

国会議員は仕事をサポートしてくれる秘書がいます。
秘書になる人達の多くは、
国会議員の身内、国会議員を目指す人、議員を支援する企業から派遣された社員です。

秘書と言っても2つの種類があります。

公設秘書

公設秘書は国の税金で雇う秘書のことで、
第一秘書と第二秘書がいます。
さらに希望すれば、政策秘書を雇うことができます。

私設秘書

私設秘書は議員のお金で雇う人たちです。

国会議員1人にかかるお金

国会議員の給料を下げろ下げろと良く耳にしますが、
本当のところどれくらいもらっているのでしょうか?

国会議員の年収は約1800万円だそうです。
なかなかの金額じゃないか。

だけどまだまだ、

さらに文章・交通費として毎月100万円。
つまり年間1200万円。

だけどまだまだ、

国会議員が所属している党に議員一人当たり月65万円の立法調査費。
つまり年間780万円。

だけどまだまだ、

公設秘書2人、政策秘書1人分の給料が支払われます。
大体年間で2000万円。

その他・・・移動費や議員宿舎、海外視察代などなどです。

合計すると、議員一人当たりに年間約6000万円の税金が使われているのです。

ほぇ?ほぇ?一般のサラリーマンの年収が600万円だとしてもその10倍か。

そして国会議員の数としては、衆議院475人、参議院242人の合計で717人。
6000万円×717人=430億円

役職がついてない国会議員で計算したので、実際はもっと上でしょうね。
どうなんだろう。これはもっと内訳を大きく公開して欲しいですね。

まとめ

  • 国会議員は国民の代表として、国民の暮らしを良くするために法律を国会で決めている
  • 国会議員1人あたりにかかる税金がとんでもない額

参考にしたサイト

  1. http://shinsho.shueisha.co.jp/column/toranomaki/030129/
  2. http://www.sangiin.go.jp/japanese/kids/html/himitsu/index.html

参考にした本

SNSでもご購読できます。