消費税増税に僕が反対している理由。国債返して何の意味があるの?

増税して何の意味があるの?
スポンサーリンク

消費税が10%になりそうな流れが止められません。

「日本の景気が良くなるんだったら、仕方がないよね・・・」と思っている人も多いと思うのですが、「消費税が5%から8%になって何か良くなりましたか?」

増税して何かが良くなるのであれば、増税に反対です。
でも、増税して何が良くなるの?っていうのが疑問のまま増税されるのは反対なんですね。

スポンサーリンク

増税しないと財政破綻する?

「増税しないとギリシャや夕張のように財政破綻するんだ!」という人たちがいますが、これはちょっと違います。

財政破綻をちょっとわかりやすい日本語にすると、「政府が借りたお金を返せなくなること」です。
ギリシャはユーロを使っており、政府の負債は『ユーロ』でした。

ギリシャ政府としては勝手にユーロを発行することができません。
だから財政破綻しました。

これは夕張も同じで、夕張で発行が不可能な『円』でお金を借りていました。
どちらも通貨発行権がない以上、お金が返せなくなれば財政破綻するしかありません。

日本政府は通貨発行権を持っている

ギリシャと夕張と日本政府の違いは、日本政府が『円』を発行する力を持っていることです。
そうなんです、日本政府は『日本銀行』という通貨発行権を持つ強大な組織を従えているのです。

ギリシャはユーロ建てで負債していましたが、日本政府は日本円建ての負債です。
だから日本銀行がどんどんじゃぶじゃぶ通貨を発行すれば、日本政府が破綻する可能性はゼロに近いのです。

歴史的にみても、自国のお金を借りている政府が、財政破綻に追い込まれた事例はありません(たぶん)。
だって、日銀が日本政府にお金を「返せよ!」と言ってきても、「まぁまぁ俺たち一緒の国じゃん。何なら日銀って日本政府の子会社じゃん笑」てな感じなんですよね。

(まぁこれについては「この仕組みって変じゃね?」て思っているんですけどね)

スポンサーリンク

増税して借金を返して何になるの?

今回の消費増税問題で僕が気になっていることが、「増税して何するの?」ということでした。

新聞やらニュースを見ても、増税して増える税収の半分以上を国債(日本政府の借金)の返済にあてるんですって。
消費税を増税してどれくらい税収が増えるかというと、5兆円と予想されています。
そしてそのうち1兆円を教育やら社会福祉系に、そして残りの4兆円を国債の返済にあてるそうです。(毎日新聞にそう書いてあったはず)

ンンンンん??

つまり、ほとんどを国債の返済にあてるんです。
これって何かが良くなるのでしょうか?

「借金が減る方がいいじゃん!」と思うかもしれません。
じゃあ日本政府が毎年どれくらいの借金をしているかご存知でしょうか?

毎年の国債発行額は約40兆円

約40兆円の国債(なんども言いますが政府の借金)を毎年発行しています。

増税して4兆円を国債を減らすことにあてるんですから、40-4=36兆円の国債をこれから発行することになります。
結局は毎年36兆円の借金をするんです。

いやいや、これ、全然解決になってないですよね笑
何のために増税するのか意味がわからないです。

例えていうなら、日本政府というお金の使い道が超ヘタクソな人たちがガンガン借金するから、国民から金巻きあげて、ちょっとだけ借りる借金を少なくする的な思想です。
でも結局は膨大な借金をしまくって、未来の世代にツケを残す感じになっているんですよね。

消費税を増税すると、人の購買意欲が下がり、余計にお金の動きがなくなります。
そうすると市場は小さくなっていき、物が売れなくなっていき、デフレが加速するんじゃないの?ってな話。

スポンサーリンク

ちなみに今の累計の日本政府の借金は1000兆円を突破です〜!!
これ、根本的な解決しない限り、増えるづけるって・・・

お金の使い道は投資

お金の使い道って本来は未来に向けた投資なはずなんです。
教育とかがまさにそうですよね。(教育を投資といったら無駄に怒り出す人がいるから怖いのですが・・・)。

日本のより良い未来に向けて、お金を使うべきなんです。
そうであるならば増税は僕的には賛成です。

でも借金を減らすための増税っていうのは、過去への投資になっているのです。
過去へ投資していたら、過去の世代の人は幸せになるかもしれませんが、次の時代を担う人たちにはメリットが極小です。

これは僕が常々気にしている、今や6人に1人と言われている子どもの貧困に対策をするのではなく、高齢者の医療費にお金をガンガン使っているのと一緒ですよね。

いやね、高齢者をほっておけ、と言っているわけではありません。
でも、「ワシはタバコはやめん!ガンになっても全然OK!人生は太く短くじゃ!」とか言っておきながら、実際ガンになると「もっと生きたい!もっと孫の顔を見たいんじゃ!」と言って、最先端のガン治療を受けて、その医療費が年間2000万円、そしてそれは高額療養負担で自分の年間支出は60万円に収まり、残りの1940万円は誰も払えないので国債発行ってのは変じゃないですか?

ガンの治療を受けてもいい、でも最先端の治療受ける必要あるの?
それよりは、3食きっちりご飯を食べることができない子どもたちのために国債発行しようよ!てな話だと思うんですよね。

豪華客船が沈没するとき、数少ない救命ボートに乗る優先順位は、

  1. 子ども
  2. 若者
  3. 高齢者

の順です。
なおかつ男は優先度低めです笑

救命ボートにしがみつこうとする高齢者を見るのは、見ていて何だか情けないですよね。
「未来ある若者のために!」と、カッコつけて欲しいなぁと僕は思うわけです。

減税を主張するのは共産党のみ

ちなみに、消費税減税を主張している政党は共産党のみになります。

どこもかしこも増税主張ばっかりなんですね。
だったら、もっと具体的な例を話してください。

もしかしたら話してるのかもしれませんが、それを伝える役割のマスコミがマスゴミ化してしまって、不倫報道とか芸能ネタばかりに走っているのかもしれませんね・・・。

スポンサーリンク

さてさて、こんな感じにウダウダ書いてきましたが、僕の考えが正しいのかはわかりません!
ということで、皆さん、話し合ってよりよい道を模索していきましょう(`・ω・´)”

「へ〜」と思ったら
「いいね!」お願いします

スポンサーリンク

オススメの本・漫画・映画・音楽・ガジェットなど

僕の人生の糧となってきた、漫画・本・映画・音楽を載せていきます。(随時更新)ついでに便利なガジェットもご紹介します(=゚ω゚)ノ

僕が書いてる記事の多くは、こちらのページにある本を参考にしています。


詳細ページはこちら

SNSでもご購読できます。

運営者:福山和寿

犬好きのアラサー男子。

モットーはだらけきった正義。
趣味はまったり読書、そわそわテニス観戦、適度な筋トレ。
将来の子どもたちのために何かできることはないかと模索中です。

サイトの内容を分けることにして、子どもの教育に関するサイトと、健康に関するサイトを新しく作りました。

 

記事によって「である調」や「ですます調」になっていますが、気分によって使い分けているだけなので、あまり気にせず読んでいただければと思います。

 

特定商取引に関する表示

コメント

コメントを残す

*