YouTubeの5秒スキップ機能がすごい【視聴者のデータが手に入る】

YouTubeの5秒スキップ機能がすごい【視聴者のデータが手に入る】日記
スポンサーリンク

YouTubeの広告システムってほんとうによくできてるなーと思うんです。

✅スキップされたら広告主は広告料を支払わなくてOK

✅5秒でスキップできるので視聴者としても負担が少ない(しかもスキップするかしないかの選択ができるので、コントロール感が持つことができる)

つまり、広告主にも視聴者にしても『優しい』作りになっているのですね。

スポンサーリンク

「スキップされた」という情報も手に入る

広告主側としては、

 

「この広告はどれくらい効果があったのか?」

 

がめちゃめちゃ気になります。しかし、テレビだとこのデータがよく分からないのですわ。CMが流れている時間に視聴者がそのCMを見ているのか、それとも見ていないのか、全然分からないのですね😅

 

しかしYouTubeだとスキップ機能があるのでそれが分かるのですよ。

  • グーグルアカウントなので年齢やら性別やらが丸分かり
  • スキップする・しないが丸分かり

つまり、YouTube側は視聴者の膨大なデータが溜まっているわけです。だから「こういうユーザーにはこの広告を流せば売れそうですよ!」みたいな営業を企業にできるのですね。

  • 広告を見ても
  • 広告を見なくても

どちらもYouTube側のデータになり、いずれは自分の購買欲を刺激させる広告が流れてくるのですね。いやー、すごいですYouTube。

 

コメント