2021年だけれどPS3を中古で購入した理由【トルネを使いたい】

ゲーム
スポンサーリンク

一昨年くらいにPS3の赤点滅が始まりました。そしてとうとう起動しなくなり、私のPS3ライフは終わりを迎えました。(>PS3が突然落ちるようになった【赤点滅は終了のお知らせかも】

で、2021年、PS3を中古で購入しました!その理由は…トルネを使って録画をしようと思ったからです。オリンピックイヤーですからね。

でも、トルネを使わなくたってレコーダーを使えば録画できますよね。というかわざわざPS3を中古で購入してトルネで録画する必要なんてあるのでしょうか?

あるんです。その理由があるんです。

だってレコーダーって高いんですもん笑。「どうせならいいレコーダーを購入しようかなぁ」なんて思ったら5万円弱もします。高い!

それにレコーダーを選ぶのも大変。テレビを見なくなって数年経つ人間からすると、どのレコーダーを選べばいいのかちんぷんかんぷん。

というわけで、使い慣れたトルネを再度利用すべく、中古でPS3を購入したわけです。中古のPS3なら1万円以下で購入できますからね。

じゃあ中古のPS3ってどれを買えばいいのよ?という疑問が出てきます。PS3もいろいろな型番がありますからね。そんなことを以下の記事で書いていきます。

スポンサーリンク

中古でPS3を購入するならCECH-4000シリーズ以降

2021年現在、中古でPS3を購入するならCECH-4000シリーズ以降で決定です。CECH-4000番台がPS3の最終モデルなのです。

CECH-4000シリーズは以下のモデルがあります↓

  • CECH-4000:前モデルからモデルチェンジ。チープ感がアップ。だけれども消費電力が抑えられた。
  • CECH-4200:ブルーレイディスクがHDMI出力のみに制限された。
  • CECH-4300:PS3の最終モデル。アクセスランプが非搭載になった。

CECH-4000シリーズは、見た目がチープになってしまいました。でも消費電力も抑えられております(=発熱が低い)。と言うわけで、今から買うならCECH-4000シリーズ一択でしょう。4000番代ならどれでもいいです。安いやつ買ってください。

ちなみに、2018年あたりに私が使っていて動かなくなったPS3は、CECH-2000でした。調べるまで知らなかったんですけど、PS3って2014年までモデルを変えながら発売されていたのですね〜。

(CECH-4300の新品の価格が爆上がりしておりまして、2021年8月5日現在ですと5万円を超えております。まさかのPS5と同じお値段なのです。)

中古で購入したPS3開封&レビュー

では中古で購入したPS3を開封していきます。購入したのはCECH-4000の250GBモデルです。ほんとはCECH-4300の500GBモデルが欲しかったのですが、見つからなかったためこのモデルにしました。8000円弱で購入できました。

多少の汚れは否めませんが、まぁいいでしょう。ディスクの取り出しが自分で蓋をスライドさせる方式になっております。チープ感がたっぷりですが、こちらの方が故障は少なそうですね。

で、実際使ってみますと問題なく使えます。PS3です。蓋をスライドさせる方式も問題ありません。(そもそもゲームをしないので)

このPS3にトルネと外付けHDDを装備させてガンガン録画を始めております。オリンピックも終わりかけ。貴重な動画が録れました。

以上、中古のPS3を購入した理由についてでしたー。私と同じようにPS3とトルネを使ってテレビを録画していたけれど、PS3が壊れてトルネで録画をしなくなった人は、中古でPS3を購入するのオススメです。やっぱりトルネはヌルヌル動いて使いやすいのです!

(錦織圭残念!ジョコビッチ強い!かと思いきや、ジョコビッチはメダル獲得ならず。いやー、不思議ですなー。)

追記:PS3のトルネは不具合多し

昔々PS3のトルネを使っていた時、不具合を感じたことはありませんでした。そんなわけでPS3のトルネには良いイメージがありましたから、2021年になってPS3を購入したわけです。

が…どうやら新型PS3の問題なのかトルネのアップデートの問題なのか、トルネは不具合が多いようです、実際、不具合になりました。

PS3を再度購入しトルネライフを楽しむこと半年、急にトルネの画面が上の画像のところでフリーズするようになりました。何度PS3を再起動してもこの画面で止まります。

「マジかよ?」と思い、ネットで検索してみてPS3のトルネの不具合の多さを知りました。

というわけで、まずはトルネを再インストールしてみることにしました。

PS3のトルネの再インストールの注意点

トルネの再インストールには注意が必要です。『あるデータ』を消してしまうと、これまでPS3や外付けHDDに保存した動画にアクセスできなくなってしまうからです。(地デジの暗号的な問題ゆえ)

削除するデータは次の2つです↓

  • 「ホーム」→「テレビ/ビデオサービス」→「Torne」を削除
  • 「ホーム」→「ゲーム」→「セーブデータ管理(PS3)」→「Torne」を削除

次のデータを削除すると保存した動画を見られなくなるので、絶対に削除しないように↓

  • ホーム」→「ゲーム」→「ゲームデータ管理」→「Torne」は削除しちゃダメ

で、削除していい2つを削除し、トルネのディクスから再インストールします。

トルネを再インストールしてみました。結果、不具合は変わりませんでした。相変わらずトルネを起動するとフリーズしました。

バックアップから復元

トルネを再インストールしてもダメなので、一旦外付けHDDにPS3のバックアップを取り、それを復元してみることにしました。

(PS3を初期化する方法だと、保存したトルネの動画が見られなくなるのでバックアップして復元することにしています)

バックアップする時間も長ければ、復元する時間も長いです。全部で6時間くらいかかります。だるいです。それでも、外付けHDDに大量に保存した動画を見られるようになるのであれば、この時間は我慢します。

が…何度やっても復元に失敗します。8回くらい繰り返しました。ケーブルを繋ぎ直したり、外付けHDDのホコリをとったりして、繰り返し復元にチャレンジしました。

それでも復元に失敗し続けました…。なんのためのバックアップやねん…。

というわけで、PS3とトルネは処分することにしました。もう疲れたんす。(大量に録画した東京オリンピックの動画が😭)

初期化したPS3にトルネを入れて新しいトルネライフを送ることも考えましたが、また不具合が出て外付けHDDに保存した動画にアクセスできなくなるというデメリットを考えると、「これはめんどい!またこの作業をやることを考えると不確定要素が大きすぎてストレスや!」と脳が拒否反応を起こしました。

PS3のトルネライフはこれにて終了!nasneにします!

torneじゃなくてnasneにしておけばよかった話とPCモニターとの組み合わせがコスパ良しだなという話

参考までに。それでは!

コメント