iPhoneのデータ引き継ぎ+データ初期化をまとめた

iPhone データ引き継ぎ バックアップ 初期化iPhone
スポンサーリンク

iPhoneのデータ引き継ぎってどうやるんだろ?あと古いiPhoneはデータを初期化して売りたいな〜。

その疑問にお答えします!

 

私がiPhoneを買い替えた時に行っている『データ引き継ぎ方法』+『データ初期化方法』について紹介したいと思います。

 

前半で『データ引き継ぎ方法』を、後半で『データの初期化方法』を書いています。

スポンサーリンク

iPhoneのデータ引き継ぎの2つの方法

iPhoneのデータ引き継ぎ方法は2つあります。

  1. パソコンがある場合はiTunesを利用
  2. パソコンがなければiCloudを利用

の2つになります。

iTunesからデータを引き継ぐ方法

  1. iTunesを起動しiPhoneと接続
  2. 旧iPhoneからデータのバックアップを取る
  3. 新iPhoneにSIMカードを挿入し、電源を入れる
  4. 新iPhoneをiTunesにつなぎバックアップデータから復元
  5. 復元後はよくある初期設定を画面に従ってやるだけ

この方法だとめちゃめちゃ簡単にデータを引き継ぐことができます。

 

注意点としては、旧iPhoneのOSが新iPhoneのOSより新しい場合は、まずは『新しいiPhoneとして設定』し、新iPhonenのOSを新しいものにしておきましょう。こちらもiTunesにつなげばできます。

iCloudからデータを引き継ぐ方法

パソコンがない方はiCloudを使ってデータを引き継ぎます。iCloudを使いますのでWi-Fi環境が必須です。

 

*注意点としては、iCloudの容量が無料ですと5GBしかありません。これ以上の容量はバックアップできませんので、お金を払ってiCloudの容量をアップさせるしかありません。ですから、推奨方法としてはやはりパソコンを使うデータ引き継ぎになります。

 

まずはiCloudにバックアップをする方法から。

  1. 旧iPhoneの設定からiCloud
  2. iCloudバックアップをオン
  3. 今すぐバックアップを作成(しばらく時間がかかります)

これでデータのバックアップができました。

 

 

それでは新iPhoneにデータ復元していきましょう。

  1. 新iPhoneにSIMカードを入れ、起動
  2. クイックスタート機能を使って初期設定を簡略化(iOS11以降のiPhoneやiPadなら可能)
  3. 旧iPhoneと新iPhoneを近くに置く
  4. 旧iPhoneに『新しいiPhoneを設定』というクイックスタート画面が表示されるので、『続ける』をタップ
  5. 新iPhoneに青色の粒のアニメーションが表示される
  6. 旧iPhoneで「新しいiPhoneをカメラに向けてください」と表示されるので、青色の粒のアニメーションをカメラで写します
  7. 新iPhoneの画面が切り替わり、旧iPhoneのパスコードを入力を求められるので、パスコードを入力
  8. Touch IDまたはFace IDの設定をする
  9. 『バックアップから復元』をタップ
  10. あとは画面に表示される指示に従いましょう

これで完了になります!注意点としてはWi-Fiが切れると中断されるところです^^;

復元できないアプリもいくつかある

バックアップから復元すれば、ほとんどのアプリはすぐに使うことができます。しかし、いくつかのアプリは自分でデータを引き継がなくてはいけません。

LINEの引き継ぎ

LINEはそっくりそのまま復元されないので、自分でデータを引き継がなくてはいけません。

  1. 旧iPhoneでラインを開く
  2. 設定
  3. アカウント引き継ぎをオン
  4. 新iPhoneでラインを開く
  5. 電話番号認証をする

これでLINEのアカウントが引き継がれます。

Evernote

ほとんどのアプリはそのままログインできるのですが、EvernoteはIDとパスワードの入力が求められます。ちょっとめんどくさいです^^;

Authentivator

二段階認証で利用している人も多いであろう『Authentivator』。これは再度自分で登録していくしかありません^^;

グーグル・アマゾン・フェイスブックでAuthentivator使っていた人は、それぞれのサイトを開き、『アカウント』→『ログイン&セキュリティ設定』より新しくバーコードをスキャンするしかありません。(2018年12月現在)

iPhoneのデータ初期化方法

新しいiPhoneにデータを移し終えたら旧iPhoneはもう必要ありません。使い道がないなら家に置いておくのもなんなので、メルカリやラクマで売っておきたいところ。

 

そのために必要なのがしっかりとした初期化になります。これをしておかないと個人情報が漏れてしまうのでiPhoneを手放す前には必ず確認しておきましょう。

ステップ1:アップルウォッチのペアリングを解除

Apple Watchをお持ちの方は、iPhoneとのペアリングを解除しておきます。Apple Watchのアプリからペアリングの解除ができます。

ステップ2;iPhoneを探すをOFF(アクティベーションロックの解除)

よくトラブルになるのがコレです。アクティベーションロックの解除ですね。iPhoneを探すの状態がONですと、盗難防止のために次の利用者が利用できません。

 

以下の順にタップしていくことでiPhoneを探すをOFFにできます。

  1. 設定
  2. 一番上にある『自分の名前とアイコンが表示されている部分』
  3. iCloud
  4. iPhoneを探すをオフ
  5. パスワードを入力

これでiPhoneを探すをオフにできます。

ステップ3:iCloudのサインアウト

以下の順にタップしていきます。

  1. 設定
  2. 一番上にある『自分の名前とアイコンが表示されている部分』
  3. 一番下の『サインアウト』
  4. パスワード入力を求められるので、入力して『オフにする』
  5. 『コピーを残す』という項目にチェックは入れないで『サインアウト』

これでiCloudのサインアウトが完了です。

ステップ4:iPhoneのデータを削除

以下の順にタップしていきます。

  1. 設定
  2. 一般
  3. リセット
  4. 『すべてのコンテンツと設定を消去』
  5. パスコード入力
  6. iPhoneを削除をタップ

これでiPhone内のデータの削除が完了できましたので、初期化の完了です。このあとは知人・友人に譲渡するなり、売るなりご自由にです^^

初期化するとiOSのバージョンはどうなる?

初期化すると、自動で最新のiOSがインストールされます。

iPhone、iPad、iPod を工場出荷時の状態に戻す (初期化する)
工場出荷時の状態に戻す (初期化する) と、iPhone/iPad/iPod 上の設定やデータがすべて消去され、最新バージョンの iOS/iPadOS/iPod ソフトウェアがインストールされます。 

おわりに;iPhoneの初期化とかは結構疲れる

慣れない作業ですので疲れたと思います^^;

 

「これって大丈夫なのかな?」と恐る恐る作業をすると心労がたまるんですよね。でも、安心してください。私はこの方法で、これまでにiPhoneやiPadを売却してきましたが、一度もトラブルになっていません。

 

しっかりと初期化ができていれば安心なのです。

 

それでは!

 

*参考にしたサイト

以前使っていた iOS デバイスから新しい iPhone、iPad、iPod touch にデータを転送する
以前の iPhone、iPad、iPod touch のバックアップから新しい iOS デバイスを設定する方法をご案内します。
iPhone、iPad、iPod touch のアクティベーションロック
「探す」App には、「アクティベーションロック」という機能があります。iPhone、iPad、iPod touch を紛失したり盗まれたりしても、第三者に使われないように保護するしくみです。アクティベーションロックは、「 を探す」をオンにすると自動的に有効になります。
iPhone、iPad、iPod touch を消去する (初期化する) 方法
iPhone、iPad、iPod touch からすべての情報を消去し、デバイスを工場出荷時の設定に戻す (初期化する) 方法をご案内します。

コメント