グローバルな世界だから知っておきたい仏教のこと

スポンサーリンク

無宗教の日本人にとって理解のしがたいものが、当然ながら「宗教」です。
しかし、グローバルな世界ということで、日常生活であれビジネスであれ、多くの外国人と接する機会が増えています。

そんな中、「宗教」なんて俺には関係ない!なんて言ってられないのです。
今や宗教とは学んでおく必要がある必須の教養科目です。
ということで、今回は仏教について学んでいきます。

スポンサーリンク

仏教とは?

仏教とはブッダの教えの宗教です。
ブッダの呼び名は複数あるので混乱するかもしれません。
仏陀、釈迦、世尊(せそん)、釈迦牟尼(しゃかむに)、釈尊(しゃくそん)など全てブッダのことです。

ちなみにブッダとは人物名ではなく、「最高の真理を悟ったもの」という意味で、
人物名は「ゴーダマ・シッダールタ」です。

仏教の究極の目標はブッダが到達した「涅槃(ねはん)の境地」にたどり着くことです。
この境地に達したものはブッダとなるわけです。

ただ、これまでに涅槃の境地にたどり着いたものはゴータマ・シッダールタだけなのです。

ブッダになる経緯

ブッダはインドにて王子として生まれ、不自由なく暮らしていました。
29歳の時、老いで苦しむ人、病で苦しむ人、葬式で死を悲しむ人を見て、人の苦しみを知ります。
その思いの中、老いや病、死の苦しみを超越した修行僧に出会い、自分も修行者になることを決意し、
王子の身分を捨て出家したのです。

ブッダは数年間、悟りを開くために命がけの過酷な修行を行いました。
死の一歩手前いく荒行を行い、ようやく「苦行では悟りは開けない」と分かったのです・・・。

「分からんのかい!」とツッコミをいれてしまいそうですが、
ここまでしてようやく理解できることってあると思うんです。

苦行を辞め、菩提樹の下で瞑想に入ることにしたブッダ。
そこでは欲望の魔王マーラとの戦いがありました。
瞑想の中で人間がもつ様々な欲望(煩悩)と戦い、そして打ち勝ち悟りを開いたのです。

仏教の「輪廻」と「解脱」

「輪廻転生(りんねてんせい)」という言葉を聞いたことはありませんか?
人間は生まれ変わるという思想があるのです。

生まれ変わるということは良いこと思うかもしれませんが、仏教はそのようには捉えません。
「生きる上での苦しみは永遠に続く」と考えるのです。

この輪廻転生から「解脱」し、生まれ変わらないようにすることが目標なのです。

苦しみの原因は欲望

生きているから苦しみは起こり、それは欲望が原因だと悟ったブッダ。
ブッダは欲望を大きく3つに分けました。

  1. 肉体的な快楽を求める欲望
  2. 生きたいという欲望
  3. 生きることが辛くて、死にたいという欲望

この3つの欲望を克服するための方法として、
8つの修行法を提示しました。

  1. 正しい認識
  2. 正しい判断
  3. 正しい言葉
  4. 正しい行い
  5. 正しい生活
  6. 正しい精進
  7. 正しい観察
  8. 正しい瞑想

こうしてブッダは悟りの開き方を体系化して、人への教え方の準備を整えたのです。

ブッダの特徴的なことは、キリスト教やイスラム教のように「神」を信じよと説くわけではなく、
人々を苦しみから助けようとしたのです。

SNSでもご購読できます。