『特攻の島』海軍の特攻兵器『回天』の乗組員を描いた漫画

『特攻の島』海軍の特攻兵器『回天』の乗組員を描いた漫画マンガの感想
スポンサーリンク

特攻隊と聞けば、まず戦闘機が頭に浮かんでくると思う。戦闘機に爆弾を積んでアメリカの艦隊に突撃する、日本軍の最悪な戦術だ。そして特攻隊には海軍バージョンもある。それが『回天(かいてん)』だ。回天の搭乗員は人間魚雷となる。人間魚雷として敵の艦隊に向かって突撃するのだ。

 

主人公の渡辺は志願した。国家を守るために命を捨てることを決めたのだ。上官からは「この作戦が失敗すれば日本は終わりだ」と告げられる。それくらい日本軍は切羽詰まっていた。「国のため」と、多くの若者が命をかけることを決める。

 

スポンサーリンク

しかし、渡辺らは回天の実態を知り愕然とする。回天にはまず目がない。海の中で相手の艦隊も見ることができなければ、位置も確認できない。また魚雷を改造したものだから小回りができず、前進しかできないのだ。

 

無謀だ。回天のことを考えると、戦闘機で艦隊に突っ込む特攻の方がはるかに優秀な作戦のように思える。渡辺もそこに絶望した。国のために命を捧げるつもりで志願したのだが、犬死の確率の方がはるかに高い

 

「なんのために命を使うのか?」、それをこの作品は問いかけてくる。作者はブラックジャックによろしくの佐藤秀峰氏だ。ブラックジャックによろしくでは命を救う医者としての葛藤を描いていた。『特攻の島』では命を捧げる特攻兵としての葛藤を描いている。どちらも命を扱うだけに重いテーマだ。読んでいて胸が苦しくなる。しかし目を背けてはならないテーマだ。特に戦争、そして回天という無謀な作戦、この歴史的事実を我々は忘れてはならない。

コメント