Beats Solo Proを有線接続すると音質は良くなるのか?【ほとんどの人は無視していい】

Beats Solo Proを有線接続すると音質は良くなるのか?【ほとんどの人は無視していい】Beats
スポンサーリンク

Beats Solo Proを有線接続してみました。純正のLightning – 3.5mmオーディオケーブル(1.2m)を購入した、ということです。これ、4000円くらいするのですけれど・・・高すぎじゃない?

Beats Solo Proレビュー【Sonyのノイズキャンセリングヘッドフォンと比較MDR-1000X】

スポンサーリンク

Beats Solo Proを有線接続してみた

Beats Solo Proを有線接続

これが4000円か・・・。

 

Beats Solo Proを有線接続

 

Beats Solo Proを有線接続

線の細さはiPhoneの充電に使うライトニングケーブルより、若干細いという感じです。

Beats Solo Proヘッドフォンと3.5mmオーディオポートを接続できるケーブル。iOSまたはiPadOSデバイスを3.5mmオーディオポートに接続することもできます。

Beats Solo ProのLightningコネクタ
Beats Solo Proヘッドフォンを、航空機、iPhone、iPad、Mac、その他のデバイスの3.5mmオーディオポートに接続できます。

iPhoneまたはiPadのLightningコネクタ
iOSまたはiPadOSデバイスのLightningポートと、車やラジカセ、スピーカー、Beats Solo3、Beats Studio3、その他のデバイスの3.5mmオーディオポートを接続します。

 

で、有線時の音質はというと。ほとんどの人は無視していいレベルかと笑。

 

一応、非可逆圧縮のWAVで保存してる曲を聞いたのですけれど、そこまで違うかな?という印象を受けました。

音楽の取り込みでiTunes Plus(AAC 256kbps)かApple losslessどちらにするべきか?

Beats Solo Proを有線接続

 

厳密にいうと、なにも作業をせずに音だけに集中すると音の違いは分かるかと思います。とか書きつつ、先ほどから何回も「有線ありとなし」で聴き比べているのですが、いやー、難しい。判断が難しい。

 

ということで、ほとんどの人は無視していい違いだと思います。参考までに。それでは!

Apple製品やiTunesストア利用の際はポイントサイトを使えばお得に購入できます。その方法はこちら→→→アップル製品やアプリをお得に購入する方法

コメント