身バレを防ぐために写真の位置情報に気をつけよう【特定から身を守る】

身バレ 防ぐ 生活の知恵
スポンサーリンク

どうやったら匿名のネットの世界で個人情報が特定されるんだろう?

そんな疑問に答えます。

結論から言いますと、もっとも気をつけるべきはスマホなどのカメラで撮った写真の位置情報になります。写真にはいろいろな情報が含まれていますので、その情報ごとネット上にアップすると個人が特定されやすくなります。

スポンサーリンク

EXIF情報を画像から消去

スマホやデジカメで写真を撮ると、画像ファイルに『EXIF情報』というものが書き込まれます。EXIF情報には、

  • カメラの種類
  • スマホの種類
  • GPS情報

などの情報が画像ファイルに記録されます。つまり、

 

EXIF情報がある画像ファイルをブログなどにアップすると位置情報がバレる

 

と言うことです。アップされた画像ファイルをダウンロードすれば誰でもEXIF情報を見ることができます

 

ワードプレスやブログなどに写真をアップしている人は気をつけましょう。スマホの設定から『位置情報を記録しない』と設定していた方が安全かと思います。(EXIF情報を削除するスマホのアプリやらパソコンのアプリやらもあります。)

大手SNSは自動でEXIF情報を削除

TwitterやFacebookなどの大手SNSでは、画像のEXIF情報は自動で削除する設定になっております。しかし、そこに安心しきっていては新しいアプリをインストールした際に痛い目にあうかもしれませんので、EXIF情報の存在をお忘れなく。

SNSでの個人特定・住所バレを防ぐために

ここまでに説明してきていたように、一番気をつけるべきは画像ファイルのEXIF情報でした。それを削除する(位置情報記録をオフにする)ことは大前提として次に話に移ります。

写真の背景に気をつけよう

背景の画像にもいろいろな情報が写り込んでいます。また、画像とテキストを入力すると、かなり多くの情報をネット上にアップしています。

写真の反射に気をつけよう

スマホでは気がつかないかもしれませんが、タブレットの大きな画面で写真を見ると、反射してイロイロなものが写っていることが分かります。ここも気をつけたいところです。

限定情報を発信しない

例えば「地元の〇〇祭りに来ています」とSNSで発信したとすると、一気に絞れてしまいます。そこから友人関係・過去の発信などのデータを見られていくと徐々に特定への道が開かれてしまいます。

SNS上で限定情報を発信することは、それ相応のリスクがあることを知っておきましょう。

おわりに:画像ファイルの位置情報をお気をつけください

スマホにアプリを新しく入れると「位置情報を許可しますか?」みたいに聞かれると思いますが、何でもかんでもOKにしておくのは危険です。

 

とりあえず、写真をネット上によくアップする人は『位置情報許可しない』の設定にして、EXIF情報が記録されないようにしておくのがいいと思います。それでは!

コメント