Elgato HD60SとHD60S+の違いについて

Elgato HD60SとHD60S+の違いについてゲーム
スポンサーリンク

ElgatoさんからHD60S+が発売されました。

HD60Sの上位モデルでして、

  • 1080p/60fpsのHDR映像を録画可能
  • 4K/60fps映像の遅延なしパススルー出力に対応

が特筆するべき点です。

 

HD60Sで十分な性能なのですが、「さらに高画質な動画を!」という場合はHD60S+を購入するべきでしょう。4KやHDRに興味がないのであればHD60S+は必要ありません。

 

以下ではもう少し具体的に違いについて書いていきます。

elgato game capture HD60と60Sの違いについて調べてみた

スポンサーリンク

Elgato HD60SとHD60S+の違い

Elgato HD60SとHD60S+の違いについて

 HD60S+HD60S
キャプチャー解像度2160p30, 1080p60 HDR1080p60
パススルー1080p60, 2160p60 HDR1080p60
対応OSWindows, MacWindows, Mac
インスタントゲームビュー
HDR10 Capture×
接続方式USB 3.0USB 3.0
最大ビットレート60 Mbps40 Mbps
エンコードタイプソフトウェアエンコードソフトウェアエンコード

4Kのモニターを持っていて、PS4 Proも持っているならHD60S+を選んでもいいでしょうね。

 

それと、パススルーの場合で2160p60 HDRが可能なので、モニターを使わずにMacなどでゲームをしようと思っている方は2160p30, 1080p60 HDRに制限されるので注意が必要ですね。

 

遅延についてはこちらの動画が参考になりました↓

遅延はほぼないですね。素晴らしいのではないでしょうか。

参考までに。それでは!

HD60S+はM1 Macに対応

追記です。

HD60S+はM1 Macに対応しているようです。M1 Macユーザーからすると、HD60S+は超魅力的ですね。(一方、HD60SはM1 Macには対応してないようです)

公式サイトには『M1 Mac対応!』という表記はありませんが、いくつかのサイトで対応が確認されています。

HD60 S+がインターネットショップで安くなっていたので買ったものの、当時はMacのM1には対応しておらず、ただのインテリアとなっていたが、いつの間にか動作するようになっていた。

https://blog.kubbe98.com/20210125/071507/233/

まず、HD60S+をゲーム機(今回はPS5を例にします)とモニタ、M1 Macにつなげます。
PS5 → HDMI → HD60S+ → HDMI → モニター
            → USB-C → M1 MacBook Air
この時、HD60S+ にUSBから給電をするのですが、この給電が充分じゃないとHD60S+は動作しないことがあるようです。

https://kamuralog.com/m1machd60s0530/

ただ、M1 Mac用途で使うのであればBlackmagic Design UltraStudio Recorder 3Gの方が安いのでいいかもですね。


Blackmagic Design UltraStudio Recorder 3Gを使うためには、公式サイト→サポートセンター→キャプチャー・再生→Desktop VideoをMacにインストールする必要があります。

サポートセンター | Blackmagic Design
Blackmagic Designのサポートセンターは、最新のソフトウェアアップデート、サポートノート、インストラクション・マニュアルを提供。あらゆる製品に関する質問の問い合わせ先も記載されています。

Desktop Video 12.0からM1 Macに対応したようです。

Desktop Video 12.0
今回のソフトウェアアップデートでは、DeckLink 4K/8Kシリーズ、Intensity Pro 4K、UltraStudio Thunderbolt 3シリーズに、Mac OS Big SurおよびApple M1のサポートを追加。

コメント