ショックマウントって何?Blue Yeti導入のためにマイクスタンド(アーム)などもついでに調べてみた

Blue Yeti ショックマウント
スポンサーリンク

前の記事『ちょっと良いマイクを購入しようと思ってBlue YETIとProの違いなどを調べてみた』でこれを書いて以来、マイクについて色々調べていると『ショックマウント』なるものを知りました。

何それ?
と思ったので、それについて分かったことを書いていきます。
プラスして、Blue Yetiに使えるマイクアームについても調べてみました。

スポンサーリンク

ショックマウントとは?

ショックマウントの役割は『ノイズリダクション』になります。
「ノイズリダクション・・・?」

ですが、これは「サー」とかのホワイトノイズ軽減ではなくて、床の振動から音を守るためのものになります。
Blue Yetiなどのコンデンサーマイクはとっても感度の良いマイクなので、床の振動やら、机の揺れからでも振動の音をキャッチしちゃうんですって(´・ω・)

そういうのを防ぐためにショックマウントをつけます(`・ω・´)”
これでBlue Yetiの良質な音が、さらに良質になる仕組みですね。

Amazonで買える安めのショックマウント

ショックマウントの値段を調べてみると、ピンからキリまでありました。
ここではアマゾンで評価も高く、お手頃のものを紹介します。

koolertronのショックマウントが最も評価数が多かったです。
お値段も2000円くらいなのでお試しにはもってこいの価格ですね。

同じく2000円くらいのPUDOONのショックマウント。
ポップガードがセットでついてくるのがちょっといいですね(=゚ω゚)ノ

Blue Yeti専用のショックマウント

Blue Yeti用にちょっといいショックマウントが欲しい?
ならばBlue Yeti専用のショックマウントがいいんじゃない?

お値段・・・一万円くらいするんですけどね。
たけーよ!!

まぁ僕的にはまだショックマウントはいらないかな・・・。
だって高いもん(´・ω・)

スポンサーリンク

マイクスタンド・アーム

ショックマウントを買うのであればマイクスタンド(アーム)はやっぱり必要ですね。
Blue Yetiはスタンドを外すと500gくらいの重さなので、この重さに十分耐えうるマイクアームが必要になります。

勝間和代さんもBlue Yetiだった

Blue Yetiに合うマイクアームを探していたら、勝間和代さんのサイトに出会いました。
どうやら勝間和代さんはBlue Yetiを利用しているみたいです。

親指シフトといい、音声入力といい、僕は勝間和代さんに近いものを感じます笑。

ちなみに勝間さん曰く、「安物のマイクアームだとグラグラして不安定」ということなので、ちゃんとしたマイクアームが欲しいですね。

評価の高いマイクスタンド(アーム)

安物は微妙かもと書きましたが、アマゾンで調べてみると3000円以下で良さげなものがゴロゴロとあります。

『Earamble 卓上 マイク スタンド 伸縮 デスクアーム ホルダー 自在アーム クランプ』は2kgの重量に耐えることができるので、大体のマイクでも余裕そうです。

『Tonor 3.5㎜ジャック コンデンサーマイク セット マイクアーム付き ポップガード付き 宅録 実況 録音 ブルー【日本語説明書付き】』は、コンデンサーマイクとマイクアームとポップガードがついてるセットになります。
セット価格でこの値段か〜と思うと超安いですね。

『Tonor デスクアーム 卓上 マイク ホルダー スタンド 伸縮 アーム式 ブラック TN459BL』

んー。
マイクスタンドも結構あって迷いますね〜。

とりあえず、Blue Yetiとショックマウントを購入したらマイクスタンドについても考えようと思います。

こちらの記事もどうぞ

1.アマゾンプライムがお得すぎる→【最新版】超お得なプライム会員11のメリット!デメリットあるの?


2.僕が使ってるクレジットカードとポイント還元サイト→毎日のお買い物がちょっとお得になるクレジットカードとポイント還元サイト


3.スマホ代に月々8000円はもったいないです。他のことに使いましょ!→本を買うお金がない?ちゃんと格安SIMにしてスマホ代削ってる?


4.人生の糧になったもの→オススメの本・漫画・映画・音楽・ガジェットなど


メルマガも始めたので、僕と絡みたい方はぜひご登録を!


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*