0Sim難民・スマホ2台目のサブ回線は楽天モバイルで決まり【1GB未満は0円】

格安SIM
スポンサーリンク

楽天モバイルさんがやってくれました。最高のプランを2021年1月29日に発表しました。名前は『Rakuten UN-LIMIT VI』。

なんと1GB未満は0円という衝撃のプラン。Nuroの0Sim難民や2台目のスマホ・タブレットのSimを探している人は、モバイルで決まりではないでしょうか。

>Rakuten UN-LIMITの公式サイトはこちら

楽天モバイルの価格設定は次の通り↓

  • 1GB未満は0円
  • 1~3GBは980円
  • 3~20GBは1980円
  • 20GB以上は2980円
スポンサーリンク

1. 楽天モバイルなら1GB未満なら0円

以下ではもう少し具体的に、楽天モバイルの1GB未満は0円プランについて書いていきます。

1.1. なぜ楽天はこんなにも安いプランを出したのか?

なぜ楽天はいきなり1GB未満なら0円という衝撃のプランを打ち出してきたのでしょうか。それは完全に大手3キャリアが低価格プランを発表したのが理由でしょう。

  • ドコモ:「ahamo」
  • ソフトバンク:「SoftBank on LINE」
  • au:「povo」

どれも2980円という価格設定です。

この価格だと電波が弱い楽天モバイルに契約する意味がありません。ですから楽天モバイル側は苦肉の策として1GB未満なら0円という衝撃のプランを発表するに至ったのです。

1.2. Rakuten UN-LIMIT VIの注意点

Rakuten UN-LIMIT VIの注意点は次の通り↓

  1. 1GBまで無料となるのは1人1回線目まで。(2回線目を追加で申し込んだ場合、0GB〜3GBまでが980円となります)
  2. パートナー回線エリアにおいては、高速通信の月間データ使用量(国内5GB・海外2GB)が上限に達した場合、通信速度に制限がかかります。制限時の最大速度は国内が1Mbps、海外では128kbpsとなります。

1.3. 1年間無料の特典を受けている人はどうすれば?

1年間無料ということで楽天モバイルに契約した人も多いと思います。私もです。この特典を受けている人も、1GBまで無料となります。

プランの変更などせずとも、4月1日から自動で1GB未満0円のプランになります。

1.4. ドコモ・au・ソフトバンクと表にして比較

ドコモ・au・ソフトバンクの3社が打ち出している低価格プランと、楽天モバイル『Rakuten UN-LIMIT VI』を表にして比較してみましょう。

 ドコモauソフトバンク楽天モバイル
プラン名ahamopovosoftbank on LINERakuten UN-LIMIT VI
料金
  • 20GBまで2980円
  • 20GBまで2980円

(1回5分のかけ放題を外すと2480円)

  • 20GBまで2980円
  • 1GB未満は0円
  • 1~3GBは980円
  • 3~20GBは1980円
  • 20GB以上は2980円
国内通話1回5分かけ放題1回5分かけ放題1回5分かけ放題Rakuten Linkアプリ利用でかけ放題(無料)
メールアドレス提供なしなしなし2021年夏ごろ予定
申し込み方法オンラインオンラインオンラインオンラインと店舗
エリアの充実性

通信の安定性を求めるなら楽天以外ですね。逆に、少々安静性が悪くても安けりゃOKという方には楽天モバイルはうってつけです。またスマホ・タブレットの2台目のサブ回線としては、楽天モバイルは最高です。

1.5. 楽天モバイルを契約していると楽天市場での買い物が+1%

楽天モバイルに契約していると、楽天市場での買い物が+1%されます。楽天市場をよく利用する人であれば、楽天モバイルに契約しておくといいでしょう。繰り返しになりますが、1GBまでなら0円で使えますし。

おわりに:メイン回線として使えてサブ回線として最高

私はこれからも変わらずに楽天モバイルを使い続けていこうと思います。いやー、楽天さん、最高のプランを出してきましたね。

メイン回線としては若干頼りないところもありますが、サブ回線としては文句のつけようがありません。Nuroの0Simは500MBまで無料でした。まさかそれが1GBと2倍になっても無料だなんて。楽天さん、あざっす!

参考までに。それでは!

>Rakuten UN-LIMITの公式サイトはこちら

*関連記事

0simから楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)に乗り換えました

iPhone 11からiPhone SE2に買い替えたよ【楽天UNLIMITで使用】

 

コメント