ちょっと待った!Mac miniを購入する前に確認しておきたいこと

mac mini購入で気をつけるポイント
スポンサーリンク

本日も「Gallagher Note」をお読みいただきありがとうございます。
こんにちは、福山です。

Mac miniを安いからと言う理由で購入しようとする方に、ちょっと待ったと言いたい僕がいます。というのも、僕はMac miniを購入してちょっとだけ物足りなさを感じるんですね。

と言うことでMac miniを利用している僕が語る、購入前に気をつけたかったポイントです。

スポンサーリンク

せめてFusion Driveにした方が絶対良い!

2016年11月13日現在では、もっとも安いMac miniは税別で48,800円です。正直かなり安く感じます。でも性能は

  • 1.4GHzデュアルコアIntel Core i5
  • 4GBメモリ
  • 500GBハードドライブ
  • Intel HD Graphics 5000

です。今時のパソコン事情からするとかなり低スペックです。Mac miniでどういった作業をしたいか?によって一概にスペックの話はできませんが、iTunesで音楽を聴きながらネットサーフィンしたり、ワードをいじりたいと思うのであれば、これはやめておくべきです。これより1個上のスペックのMac miniにしましょう。僕が購入したやつです。

ちなみに僕が持っているMac miniは

  • 2.6GHzデュアルコアIntel Core i5
  • 8GBメモリ
  • 1TBハードドライブ
  • Intel Iris Graphics

です。今の値段は税別で68,800円になります。(僕が購入した時はは88,000円くらいでした。)

一番スペックが低いモデルと比べると2倍くらい性能が高いものです。

だけど・・・使用していて不満足(ストレス)を感じました。

もうね、HDDじゃなくて、絶対SSDが搭載されているFusion Driveにした方が良いです。これは声を大にして言います。

1TB Fusion Driveにすると+20,000円です。税別で88,000円になってしまいますが、絶対これがオススメです。

【値下げ】Macの既存機種が超安くなってる!Mac miniがお買い得

外付けSSDを起動ディスクにするデメリット

Mac miniはUSB3.0に対応しているので、外付けSSDを起動ディスクにすることで性能をアップさせることができます。

実際、僕が今使っているMac miniは外付けSSDを起動ディスクにしています。外付けSSDを起動ディスクにする方法は過去記事を参考にしてください→Mac miniの起動ディスクをHDDから外付けSSDにしたら爆速になった件!もう昔には戻れないよ?

ただし・・・外付けSSDを起動ディスクにするには残念なデメリットがあります。

USB3.0とWi-FiやBluetoothは電波干渉をしてしまうのです。しかもMac miniはその対策がしょぼい・・・と言う現実があります。Wi-Fiが切れたりBluetoothがうまく接続されなかったりします。

一応対策もでき、干渉が気にならない程度に作業をすることができていますが、外付けSSDを起動ディスクにするよりは、最初からフュージョンドライブにしておいた方が断然良いと思います。

【Mac mini】起動ディスクを外付けSSDにして気づいたメリット・デメリット

Fusion DriveでないMac miniを購入された方は、外付けSSDを起動ディスクにした方が良いと思います。

Mac miniのディスプレイ選びに迷う

Mac miniにはディスプレイありません。だからディスプレイを持っていないと必然的に購入することになるのですが、高いディスプレイを買うとしたら、Mac miniを選ぶ意味がありませんよね。もうiMac買っておけよと言う話になってしまいます。

僕は昔使っていたテレビをディスプレイとしてHDMIでつないでいるのですが、画像が微妙に荒いのです。まぁ気にならないといえば気になりませんが、ディスプレイ欲しいよね・・・。

Mac miniのディスプレイについての葛藤は過去記事を参考にしてください。購入しようか迷っているディスプレイを厳選しています。→Mac miniのディスプレイ選びに迷っている人へ。僕も迷っています笑

ちなみに新しいサンダーボルトディスプレイは発売されませんでしたし(2016年11月13日現在)、アップルとLGが提携した4k・5kディスプレイはMac mini非対応です・・・。→Apple、LGと提携して4K・5Kディスプレイの発売。新型サンダーボルトディスプレイはおあずけ。

今だったらどれを買うか!?

外でマックをいじる必要性がなくなったためMacBook AirからMac miniへ移動した僕です。

でも正直な話、Mac miniじゃなくてMacBook Airのままで安いディスプレイを購入しておけばよかったなと思っています。次にMacを買い換えるならばまたMacBook Airに戻ろうと思います。

え?MacBook Airなの?と思うかもしれません。

新型のMacBook Proでもいいのですが、僕にはオーバースペック感があるのです。もちろんお金に余裕があるのであれば、MacBook Proを買いますが、一番安いスペックのでも税別で148,800円です。

それよりは、

  • 1.6GHzデュアルコアIntel Core i5プロセッサ
  • Intel HD Graphics 6000
  • 8GBメモリ
  • 256GBフラッシュストレージ(PCIeベース)

で118,800円のMacBook Airで十分な気がします。ストレージが128GBなら98,800円ですからね。

前使ってたMacBook Airはメモリが4GBだったのでちょっと物足りなさがありました。でもそれ以外では十分満足していました。今はメモリ8GBが標準であります。だからこのMacBook Airで十分だと思うんですよね。

MacBook Proは魅力的なものですが、touch BarやThunderbolt3ポートが今いるか?って言われたら僕にはまだ必要ありません。

ブログ書いたり、ネットサーフィンしたり、エクセルをちょこっといじったりiTunesで音楽聞くくらいなら高スペックのMacを購入する必要は全然ないですからね〜。もしかしたらiPad Pro+キーボードで十分かもしれません。

12.9インチのiPad Proが128GBで税別92,800円です。MacBook Airを購入するときに迷うのはMacBook ProやMacBookではなくてiPad Proかもしれません。

iPadには外付けHDDなどを簡単に接続できないので、データ保存の問題があります。データ保存のために一番安いMac miniを購入するのも手かもしれませんよねぇ。Mac miniをサーバー化するのも手かもしれません。

iPad Proを購入するならまた迷いが出てきますねぇ。母艦機がやっぱり必要そうですから。母艦機がいらないとしたらiCloudの有料契約になりますね。→iPadの容量に迷うならiCloudの月額制を考えてみても良いと思う件

200GBが月額400円なので、年間4800円。容量が128GBのiPad Proなら全データをiCloudに置いておけば、データの破損も安心です。いや〜迷いますね〜。

アップル製品やアプリをお得に購入するにはハピタスを利用

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*