iPhone 11とHHKB HYBRIDとBeats solo Proがブログ執筆作業に最高かも

iPhone
スポンサーリンク

iPhone 11を購入して以来、ブログ程度の作業は場所を選ばなくなりました。

  • iPhone 11の大きな画面サイズ
  • iPhone 11のバッテリー持ち
  • iPhone 11のサクサク処理性能

これが、すごくいいのです😇

スポンサーリンク

ブログを書く人なら分かると思いますが、『いつもの場所だけ』だとブログ執筆がはかどらない時があるんですよね。それも結構な頻度で笑

 

そんな気分の時は、場所を変えたくなります。リビングやらカフェやらにです。

 

でも移動したらしたで、作業環境の変化の対応がめんどくさかったりするのですよ。

  • MacBookを持ち運ぶのがだるい(傷つかないようにケースにいれたり、バッテリーをコンセントから抜いたり)
  • 家で使うキーボードと外用のキーボードが違えば、打ち心地が異なり違和感
  • カフェがうるさい

などなど、人によって『イライラポイント』は異なりますが、まぁ自分の満足いく環境はなかなかつくれません😱

 

「いつもと違う環境でも、気持ちよく作業できるように」と、同じ悩みを持ちながら試行錯誤している方も多いと思います。で、私はようやくそんな環境が整いました。もちろん100%満足というわけではありませんが、85%は満足できるような環境が整いました。

 

必要な道具は以下の通り↓

  • iPhone 11
  • HHKB Professional HYBRID Type-S
  • Beats solo Pro
  • パームレスト

の4つです。

 

iPhone 11はポケットにいれるだけなので、実質持ち運ぶ必要があるのは、

  • HHKB Professional HYBRID Type-S
  • Beats solo Pro
  • パームレスト

の3つです。HHKBとパームレストを持ち運ぶのはちょいめんどくさいですが、タイピング感をMacを使っている時と同じにするためには不可欠です。(USキーボードで、macOSとiOSとで同じようにcontrolキーを使うために)

HHKB Professional HYBRID Type-S購入【レビュー】

 

そしてBeats solo Pro。最高のノイズキャンセリング機能で騒音をかき消してくれます。加えて音質も最高。隣が工事現場であればさすがにイライラするでしょうが、人の話し声程度なら気にならない程度になります。

Beats Solo Proレビュー【Sonyのノイズキャンセリングヘッドフォンと比較MDR-1000X】

 

そしてこの環境を実現するための主役が、なんといってもiPhone 11。もともとはiPhone 11ではなくて、iPad Pro 10.5インチを使っておりました。しかしブログを書く程度であれば、iPad Proほどの大きさは必要ありません。

HHKB Professional HYBRIDとiPadの組み合わせが最高だった件

 

なおかつ、iPad Pro 10.5インチより、iPhone 11のほうが高性能です。アプリの起動のサクサク感と安定性は断然上です。具体的には、ワードプレスアプリを立ち上げるとiPad Pro 10.5インチではアプリが落ちることがよくありました。iPhone 11では一度もありません。A13チップ恐るべしです。

 

ということで、最近の作業環境の紹介をしてきましたー。いやー、iPhone 11すごくいいです。「そこまで高性能のiPhoneいらなくね?」と思い、ずっとiPhone SEを使い続けていたのですが、一気に意見が変わりました。iPhone 11はiPhone史上のなかでも、かなり完成された製品かと。

 

  • 一世代前のiPad Proよりも高性能
  • バッテリー持ちはiPhone史上最高
  • カメラも2つあり、背景をぼかせる
  • フロントレンズも性能アップ
  • 画面が大きいのでブログ執筆くらいであれば普通に使える

と、携帯性以外において文句のつけようがないです。

 

参考までに。それでは!

コメント