Apple TV 4K 第2世代のレビュー【買い換えるほどではない】

Apple TV
スポンサーリンク

この前Apple TV HDからApple TV 4K第一世代に買い換えました。そうしたらApple TV 4Kのあまりのサクサク感に「もっと早くから買い替えておけばよかった」と心底思いました。

Apple TV HDをいまだに使っている人は、一刻も早く Apple TV 4Kに買い換えたほうがいいと思います。そちらの方が幸福度がアップするはずです。

で、Apple TV 4K第一世代のサクサク感があまりにも良かったので、 Apple TVをもう1台購入して家のモニターにつけることにしました。同じのを買ってもおもしろみがないと思ったので、今回は Apple TV 4K第二世代を購入することにしました。

と言うわけで今回の記事ではレビューをしていこうと思います。

まず先に結論を言っておくと、Apple TV 4K第一世代を持っている人は買い替えなくていい、と思います。サクサク感などはほとんど変わりませんし、新しくなったリモコンもめちゃくちゃ使いやすくなっているか?と問われたら、まぁ別に前のモデルのリモコンで良いよね、という感じです。

(2021年でもなおApple TV HDが販売されていますが、絶対に買わないように!コスパ悪すぎます!)

スポンサーリンク

Apple TV 4K 第2世代のレビュー

では以下にレビューしていきます。

新型リモコンと旧型リモコンの違い

もっとも変わった点が、Siri Remoteというリモコンです。

新型のリモコンは、縦に少し長くなり、厚さも増えました。

上下左右に1つずつ移動するのが苦手といった、旧リモコンの弱点を新型リモコンは克服しています。

1つずつ移動できるようになったというメリットもあるのですが、その分ヌルヌルとした移動はやりづらくなりました。(親指で触れれる面積が減ったため)

一長一短です。

「あー、1つずつ移動してーーー!!」とずっと思われていた人は、買い換えると幸せになれるかもです。(新型リモコンのみの販売もあります)

性能の差によるサクサク感はほとんど感じない

Apple TV 4K 第2世代になり、プロセッサがA10XからA12 Bionicに進化しました。

この進化により「ヒャッホーーーー!動きがさらにヌルヌルになったぜーーーー!」みたいな感動はまったくありません。

A10XはiPad Pro 10.5インチに使われたプロセッサなので、すでに相当の性能なのですね。

マルチコア↓

マルチコアの性能を比べると、若干A12 Bionicの方が優れています。

ではメタルコアはというと↓

なんとメタルコアはA10Xのほうがよかったりします。さすがiPad Proに使われていたプロセッサなのです。

ってことで、あんまり性能差はないんです。

結論:Apple TV 4K 第1世代で十分だった

Apple TV 4K 第2世代を使って思うただ1つのことは…「Apple TV 4K 第1世代で十分だった」ということです。Apple TV 4K 第1世代を持っているのであれば、無理して買い換える必要はありません。

Apple TV 4K 第2世代を選んだ方がいい人

といっても、Apple TV 4K 第2世代を選んだ方がいい人もいます。

  • 4K HDR 60fpsで動画を再生したい人
  • eARCを有効活用したい人

ですね。

HomePodをステレオペアで使ってる人は、eARCがめちゃくちゃ気になると思います。

おわりに:Apple TV HDを使ってる人はいますぐ買い替えよう

以上、Apple TV 4K 第2世代の簡単なレビューでした。4K 第1世代を使ってる人は買い替えなくていいと思います。

ただし、Apple TV HDを使っている人は、いますぐ買い替えた方がいいです。動作のサクサク感に衝撃を受けると思います。幸福度がアップします。

そしてくれぐれもApple TV HDを購入はしませぬように…。Appleさん、Apple TV HDをいまだに販売してるのはさすがにキツいですぜ。値段が1万円を切るならともかくですが。

参考までに。それでは!

コメント