iMac 5Kの2014、2015、2017を比べてみた

iMac 2014 2015 2017 比較 Mac
スポンサーリンク

新型のMac mini 2018を買おうかなーと迷っていたり、中古でiMac 5Kの2014年あたりを安く買おうかと迷っていたりします。

 

なぜ迷っているかというと、Mac mini 2018は自分でメモリの増設が無理だということが判明したからです^^;メモリを持っていくと10万円を超えてくるのですな。

 

だったら、ちょっと古くてもディスプレイ付きのiMacのほうがコスパ高めなのではないかなーと思っている次第です。ということで、iMac2014、2015、2017を比較してみました。

 

このページで比較しているのは27インチモデルのiMacになります。つまり、5Kディスプレイを備え、自分でメモリの増設が可能なやつですな。

スポンサーリンク

2014〜2018年で発売されたiMac

2016年、2018年にiMacの新モデルは発売されていませんので、

  • 2014
  • 2015
  • 2017

の年にiMacが発売されております。

 

具体的にみていきますと、

  1. iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2014)
  2. iMac (Retina 5K, 27-inch, Mid 2015)
  3. iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2015)
  4. iMac (Retina 5K, 27-inch, 2017)

の4つが発売されております。

 

もちろんのこと、新しくなればなるほど性能はアップされております。じゃあどれくらい違うのか?という話になります。

 

私のように特に重い作業をする必要がない人は、2014年iMacでも十分でしょう。動画編集などをサクサクやりたい人は、新しいのに越したことはありませんね。

iMacを選ぶならFusion DriveよりSSD

気をつけたいところが、Fusion Driveです。Fusion Driveとは、高速なSSDドライブと低速なHDDドライブが組み合わさったドライブになります。

 

年度によってSSDの容量が変わってくるので、購入するならそこに気をつけたいです。

  • 2014年モデル:SSDの容量は1TB・2TB共に128GB
  • 2015年モデル:1TBでSSDの容量は24GB、2TBでSSDの容量は128GB
  • 2017年モデル:1TBでSSDの容量は32GB、2TBでSSDの容量は128GB

2014年モデルなら1TB Fusion DriveでもSSDの領域が128GBあるのでいいですが、2015年モデル・2017年モデルだと、SSD容量が減っています。

 

これだと、SSDのサクサク体験ができなくなります。

 

ですから、2015年モデル・2017年モデルを買うときは、

  • 2TB Fusion Drive以上
  • 全てSSDドライブ

のものを選びましょう。ここがiMacを選ぶ上で一番大切なところかと思います。

2TB Fusion Driveより256GBのSSDドライブ

容量は少なくなってしまいますが、個人的には256GBのSSDモデルが一番コスパいいかと思います。

 

あとはUSB3で外付けHDDを繋げばいいかと。

スポンサーリンク

Thunderbolt 3(USB-C)を使うならiMac 2017

iMacにThunderbolt 3(USB-C)が搭載されたのがiMac 2017年モデルから。2つのThunderbolt 3(USB-C)が搭載されております。

 

「Thunderbolt 3(USB-C)をどうしても使いたいんや!」という方は、2017年モデル一択。

iMac 2014 vs 2015

こちらの動画が参考になりました。

apple iMac Retina 5K 新旧パフォーマンス対決 【4K Review】
  • Corei7
  • SSD 512GB
  • メモリ16GB
  • グラフィックは変更していない

2014年モデルだと読み書きが平均700MB/sですが、2015年モデルだと倍くらいの速度らしいです。

 

SSDの性能が変わったのでしょうか・・・。いやはや、これはすごい。まぁ2014年モデルも十分早いですけれども!

 

ベンチマークを『GeekBench』さんから引っ張ってきますとこんな感じ。

 

気になるMac mini 2018とも比較しております。ちなみにiMacはすべて27インチモデルのデータになります。

モデルクロック(GHz)シングルコアマルチコア
Mac mini 20183.2(6コア)570824340
Mac mini 20183.6(4コア)467713560
iMac 20174.2(4コア)567519324
iMac 20173.8(4コア)520615211
iMac 20173.5(4コア)509314389
iMac 20173.4(4コア)475413813
iMac 20154.0(4コア)528117518
iMac 20153.3(4コア)471413336
iMac 20153.2(4コア)439512366
iMac 20144.0(4コア)474915582
iMac 20143.5(4コア)422512061
Mac mini 20143.0(2コア)37047061
Mac Pro 20133.5(6コア)381117979

ベンチマークだけみると、iMac 2014も2015も2017もそんなに変わらないなーという感じ。というかMac mini 2018の6コアがより光る感じ笑

iMac 2015 vs 2017

CPUの違いは次の通り。

  • 2014年モデルは「Haswell」
  • 2015年モデルは「Skylake」
  • 2017年モデルは「Kaby Lake」

という感じに進化しております。まぁこれが先ほどのベンチマークに影響を与えているって感じですな。私はコレ、あんまり気にしておりません。

 

こちらの動画が参考になりました。

2015 vs 2017 5K iMac Comparison – Should you upgrade?

あんまり変わらねーなという印象です。

 

CPUは普通でいいから、メモリを増設しておけばOKという感じですね。「動画編集をゴリゴリしたいんじゃい!」という方はiMac Proを買っておきましょう笑

もしくはMac mini 2018をカスタマイズする感じで。

おわりに:iMac 2015のSSDが買い!

ということで、中古で買うとしたら、iMac 2015のSSDモデルが一番いいのではないかなーと思っております。まぁ中古の値段次第ですけれども!

 

お金の余裕のある方は、普通に2017年モデル、もしくはMac mini 2018+4Kディスプレイを揃えればいいかと思います〜。2017年モデルの整備済みもチェックですな。

 

Apple製品やiTunesストア利用の際はポイントサイトを使えばお得に購入できます。その方法はこちら→→→アップル製品やアプリをお得に購入する方法

コメント