10.5インチiPad Pro用レザースリーブを購入【一体型を選ばなかった6つの理由】

10.5インチiPad Pro用レザースリーブを購入iPad
スポンサーリンク

10.5インチiPad Pro用のレザースリーブを購入しました。

高すぎ😅

正直、アホな買い物だなぁと。アップル信者だなぁと。

 

でも、うっとりする

 

iPad Proちゃんをしまうたびに訪れる気持ちよさ。フィット感。たまらん!!

スポンサーリンク

10.5インチiPad Pro用レザースリーブを購入した理由

なんでこんなにクソ高いレザースリーブを購入したかの理由を書いていきます。

理由1:純正にうっとりしたかったから

10.5インチiPad Pro用レザースリーブ

やはりいい。肌触りといい最高。

10.5インチiPad Pro用レザースリーブ

裏のアップルマークもまたいい。信者感。

ダサいケースだとせっかくのiPadの美しさが台無し。美しいiPadをしまうのであれば美しいケースに。

理由2:Apple Pencilもしまえるケースが欲しかった

Apple Pencilをしまえるケースが欲しかったのです。ただのカバーやケースですとApple Pencilちゃんの居場所がないのですね。

その点、購入したレザースリーブだと安心してApple Pencilをしまえます。Apple Pencilを入れるとこんな感じ↓

iPad10.5 ケース

iPadとApple Pencilを入れるとこんな感じ↓

iPad10.5 ケース

このフィット感!

これですよ。このフィット感がすげー気持ちいいのです。キツすぎず、緩すぎず、もう吸い込まれている感じ。

理由3:一体型だと重くなるので辞めた

Apple Pencilが入るiPadと一体型になるケースも候補にありました。アップルの公式サイトに売ってあるモレスキンのケースとか。でも・・・

 

iPadと一体型のケースは重くなる

 

のです。防御力はアップしますが、その分重さもアップ。そうなるとiPad Pro10.5インチが一気に片手で持ちづらくなってしまいます。そういうわけもあって、スリーブケースからiPadのみを取り出せるものを選びました。

 

片手で持ちながら、家でゴロゴロしながらiPadを触りたい

 

のですね。

理由4:排熱の問題も考えると・・・

排熱のことも考えるとやはり一体型ケースじゃない方がいいのかなーと思っています。これはiPadに限らない話ですけれども。

iPhoneしかり、iPadしかり、Macしかり・・・精密機械にとって、

 

熱さは敵

 

です。冬は問題ないでしょうが、夏となると熱が気になるところ。分厚いケースに守られると熱の逃げ場が制限されます。

頻繁に買い換えるならまだしも、2年以上は使いたい人間なので排熱の問題を気にしていたりします。

理由5:レザースリーブがマットになるから背面を守れる

レザースリーブをマットにして使えば、iPadの背面を傷から守ることができます。ですから、やはりケースと一体型じゃなくていいかなーと思った次第であります。

理由6:iPad Pro12.9以下のサイズならOKそうだから

今後iPadを買い換えることを考えても、

  • iPad9.7インチ
  • iPad Pro11インチ

でも、とりあえず12.9インチほどの大きいサイズでなければ、このスリーブケースに入れれそうだなーと思います。つまり、

 

長く使える

 

ので、ちょっと高いですがこのスリーブケースを選びました。

おわりに:iPadの軽さ・薄さは正義

iPadを持ち運ぼうと思えばどうしてもケースが必要です。裸族でカバンの中に放り込んでおいたら傷がつき放題ですからね。じゃあどんなケースを付けるか?という話なのですが、そこで迷うのが、一体型 or スリーブケースになります。

  • 一体型→防御力高め。でも重くなり片手で持ちづらくなる。
  • スリーブ→防御力弱め。でもスリーブから取り出すと使いやすい。

どちらを選ぶのかは難しい話なのですが、私は後者を選びました。少々の傷も楽しもうって感じですかね。それでは!

コメント