僕がキンドルペーパーホワイトを手放してタブレットにした理由

本日も「Gallagher Note」をお読みいただきありがとうございます。
こんにちは、福山です。

あれだけ気に入っていたキンドルペーパーホワイトを手放しました。キンドルペーパーホワイトさんにはすごくお世話になったのですが、それを超えるものを見つけちゃったんですね。今回の記事では、僕がとても気に入っていたキンドルペーパーホワイトを手放し、タブレットを使いだした理由について書いていきます。

過去記事→【伝えたい】Kindleを1ヶ月使用してみて購入しようか迷っている人に伝えたいこと

求めていたものは目の優しさ

僕がキンドルペーパーホワイトに求めていたものは、目の優しさになります。夜に本を読もうと思えば、キンドルの適度な明るさがぴったりなのです。

キンドル端末はE-inkを採用しているので、本を読んでいても目が全然疲れないんですよね。

でもね・・・

最近のタブレットでキンドルアプリを開くと「視力保護モード」が発動して自動でブルーライトカットしてくれるから、目に優しいの。

視力保護モード

画像ではわかりにくいと思うけど、ブルーライトがカットされて、画面がかなり黄色くなってるのよね。

もちろん、ブルーライトカットと言えども、E-inkの方が目には優しいと思います。

でも、僕にはこれで十分だったりするのです(`・ω・´)”

んで、3ヶ月ほど前に購入したタブレットがこれになります。→HUAWEI MediaPad T2 7.0 Proのコスパが最高すぎたのでレビュー。この性能で2万円台か。

このタブレットめちゃめちゃコスパが良いんだよね。値段はなんと2万3000円くらい。タブレットだからキンドルアプリで本も読めるし、ユーチューブで動画を観ることができるし、ネットでサクッと調べ物もできます。

キンドルペーパーホワイトが1万円台後半だから、それにちょこっと付け加えれば、このタブレット買えちゃうんですよね。(*°∀°)=3

僕はキンドルペーパーホワイトを買うより、このタブレットを買うことをおすすめします。

タブレットだとハイライト機能が存分に楽しめる

E-inkの最大の欠点といえば、反応が遅いことと、白黒なことです。

電子書籍を読んでいて、いろいろと重要な箇所に色分けをしながら僕は本を読むので、キンドルのハイライト機能はとっても重宝しています。→パソコン版Kindleが便利すぎる!highlightとEvernoteを組み合わせてさらに便利に!

しかし、キンドルは白黒だから、色分けできない&反応速度が悪いので重要なところをマークしづらいのです。

この2つの問題をタブレットは解決してくれます。

色分けもサクサクできるし、反応速度も良いのでスルスルとマークすることができます。そしてタブレットの最大の欠点だった、明るすぎて夜に本を読みづらいことも、視力保護モードで解決しました。

これ、キンドル使う意味が僕には見当たらなかったんですよね。

と言うことで、キンドルペーパーホワイトさんとはおさらばしちゃいました。

本を読むために、キンドルを買おうか、ちょっとお金をプラスしてタブレットを買おうかと迷っている方の参考になれば幸いです。

「へ〜」と思ったら
「いいね!」お願いします

SNSでもご購読できます。

運営者:福山和寿

犬好きのアラサー男子。

モットーはだらけきった正義。
趣味はまったり読書、そわそわテニス観戦、適度な筋トレ。
将来の子どもたちのために何かできることはないかと模索中です。

サイトの内容を分けることにして、子どもの教育に関するサイトと、健康に関するサイトを新しく作りました。

 

記事によって「である調」や「ですます調」になっていますが、気分によって使い分けているだけなので、あまり気にせず読んでいただければと思います。

 

特定商取引に関する表示

コメントを残す

*