子供も大人も日本語が読めないし数学的思考力は小学生レベルで止まっている

日本人 日本語 読めない日記
スポンサーリンク

2018年、新井紀子さんの『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』で子供の国語力が問われました。

 

そもそも教科書が読めないんだから勉強なんかできるわけない

 

ってね。

 

そして2019年、橘玲さんの『もっと言ってはいけない』より、「そもそも大人も国語力ないじゃん」ということが世間に知れ渡りました。

スポンサーリンク

国際成人力調査の日本人の結果

文春オンラインのこちらの記事に詳しく書いております。

言ってはいけない!「日本人の3分の1は日本語が読めない」 | 文春オンライン
OECDによる国際調査で「先進国の成人の半分が簡単な文章を読めない」という衝撃の結果が明らかになった。人間社会のタブーを暴いた『もっと言ってはいけない』の著者が知能格差が経済格差に直結する知識社会が、…

日本人のおよそ3分の1は日本語が読めない

2013年の国際成人力調査の結果から、恐るべき事実が分かっております。

  1. 日本人のおよそ3分の1は日本語が読めない。
  2. 日本人の3分の1以上が小学校3~4年生以下の数的思考力しかない。
  3. パソコンを使った基本的な仕事ができる日本人は1割以下しかいない。
  4. 65歳以下の日本の労働力人口のうち、3人に1人がそもそもパソコンを使えない。

16歳から65歳を対象にした調査でして、約15万7000人に実施してしております。

それでも日本人は優れている

上の調査結果を知ると、

 

「日本人ってやばいじゃん・・・」

 

と思うはずです。ところがどっこい、こんな結果なのに先進諸国の中でトップレベルの学力なのです。これについて橘玲さんが要約してくれています。

(1)先進国の成人の約半分(48.8%)はかんたんな文章が読めない。

(2)先進国の成人の半分以上(52%)は小学校3~4年生以下の数的思考力しかない。

(3)先進国の成人のうち、パソコンを使った基本的な仕事ができるのは20人に1人(5.8%)しかいない。

 

日本人の3人に1人は日本語が読めないけれども、それでも先進国の中では超優秀

 

というなんとも不思議な結果になっております。

日本人は本当に優秀なのか?

学力調査だけ見ると日本人は他国に比べて優秀に思えます。でも本当に優秀なのでしょうか?

あまりにも低い日本の労働生産性

有名な話ですが、主要先進7カ国の労働生産性を調べると、

 

日本は最下位

 

ということが分かっております。お気楽に生きてそうなスペインやイタリアよりも低いのです。

学力は優秀だけれど働き方は最低

この日本の現状を極端に言ってしまえば、

 

勉強はできるけれど使えない人たちばかり

 

になってしまいます。なんとも耳が痛い話。使えないというよりは、「能力を発揮できる働き方になっていない」ということですな。既得権益にぶら下がっている人をバサっと切ることができず、使える若者たちを飼い殺しにしているのです。

おわりに:これからの本当の格差とは?

いろいろな格差が言われておりますが、私が思うに、これからのもっとも大きな格差とは、

 

本が読めるかどうか

 

なのではないかと思っています。福沢諭吉大先生の「学びて富み、富みて学ぶ」が心に響きます。それでは!

コメント