なぜお金はできたのか?「お金」の概念の誕生について学ぶ

お金

「充実感」がどの時代でも必要だと思います。

例えば、金持ちだけで充実感ゼロより、金ないけど充実してるって人の方が死ぬ時しあわせだと思います。

つまり「お金がしあわせの尺度」じゃない!ということです。

今が充実してる人が本当の意味で「勝ち組」だと思うんです。

じゃあ「お金」ってなんなんでしょう?

ということで、今回は「お金」がなぜ誕生したのかを学びましょう!

「お金」が登場する前の前段階の「貝」

お金というものはどうして必要になったのでしょう?

お金が登場する前はどうなっていたのでしょう?

ちょっと考えれば想像つくかもしれませんね。

昔は(昔といっても大昔)物々交換を人間はしてたんですね。

例えば、野菜と魚を交換したり、米と布を交換したりと、「自分が作るもの」と「相手が作るもの」を「もの」で交換してたのです。

「もの」と「もの」を物々交換する場所として「市場」が発達しました。

さて物々交換している様を実際に想像してみてください。

例えば米を交換したい人は市場に100キロの米を持っていくかもしれません。

しかし、欲しいものが見つからない場合は100キロの米を持って帰らなければなりません。

これって結構めんどくさくないですか?

米が欲しい人が仮にいたとしても、その人に米と交換できるものがなければ、米は得られないのです。

つまり需要と供給がぴったり合ってないと交換ができないのです。

ですから交換するのに「仲介」するものが必要となりました。

中国ではその仲介するものが子安貝という綺麗な「貝」でした。

例えば、今日は欲しいものがなかったけど、100キロの米を貝と交換して、また今度の市場で貝と欲しいものを交換しよう!となるわけです。

ちなみに、仲介物として「貝」の名残は残っていて、貯金の「貯」や、財閥の「財」に「貝」は使われていますね。

仲介物は「貝」から進化して「硬貨」へ

昔の人は「」を使っていて困ったことがあったと思います。

昔の人「せっかくものを売って貝を得たのに、踏んで貝を割っちまった・゜・(ノД`)」

と、「貝」は割れる可能性があるので、流通させるのに危険があるのです。

ということで、流通させるために必要な条件として以下の2点があると思います。

・持ち運びが容易

・簡単には壊れない

そこで登場したのが金、銀、銅を使った硬貨です!

金、銀、銅は素材そのものに価値があるので、通貨として使われました。

もし金、銀、銅の代わりに「石ころ」が選ばれていたら微妙じゃないですか?

米と交換して石ころを得た!ってなっても「信用」がないですよね。

金、銀、銅は「信用」という価値もあったので市場に流通することができたのです。

 

金、銀、銅をいざ使い出したら不便だった→預かり証の発行へ

金、銀、銅を硬貨としていざ使い出したら不便な点が出てきました。

金、銀、銅の硬貨って分割しにくいでしょ?

だからお釣りがとっても不便なのです。

今でこそ、1万円、5千円、千円、500円、100円、50円、10円、5円、1円と紙幣から硬貨まで分割されているので、お釣りに困ることはないですが。金、銀、銅だけで全てをカバーしようと思ったら大変です。

それに大量の金を持っているとしたらそれを運ぶのも大変だし、強盗の危険も考えなければなりません。

そこで「両替商」が登場しました。

金、銀、銅をたっぷり持っているお金持ちに、金、銀、銅を預け、「預かり証」を発行してもらいます。

この「預かり証」を用いて商品の売買をすれば、大金の持ち運びにも便利ですよね。

預かり証を受け取った側もそれをすぐに換金しなくて、別の支払いに用いることもできます。

それがだんだんと普及して、預かり証自体が通貨のような働きをするようになったのです。

これが紙幣の始まりなのです。

まとめ

物々交換から市場は発展していった。

発展するにつれて、物々交換だと不便になってきたので、それを仲介するものが誕生した。

仲介するものがどんどん改良されて今の「通貨」ができました。

「へ〜」と思ったら
「いいね!」お願いします

SNSでもご購読できます。

運営者:福山和寿

犬好きのアラサー男子。

モットーはだらけきった正義。
趣味はまったり読書、そわそわテニス観戦、適度な筋トレ。
将来の子どもたちのために何かできることはないかと模索中です。

サイトの内容を分けることにして、子どもの教育に関するサイトと、健康に関するサイトを新しく作りました。

 

記事によって「である調」や「ですます調」になっていますが、気分によって使い分けているだけなので、あまり気にせず読んでいただければと思います。

 

特定商取引に関する表示