アップルとグーグルの音声入力を比較してみて、グーグルの方が精度が高かったのでそちらを使うことに

スポンサーリンク

アップルとグーグルの 音声入力を比較してみた

Apple 製品が好きです。
だからマックを使っています。

最近はキーボード入力じゃなくて、 Apple に標準搭載されている音声入力を使って文字を入力しています。
ですが Google の方が音声認識精度が高かったので、そちらに乗り移りました。

マックユーザーでも Google の音声入力を使う方法を記事にしたいと思います。

スポンサーリンク

MacユーザーがGoole音声入力を使う方法

SafariではなくChrome

グーグルで音声入力

マックユーザーが Google 音声入力を使うには、

  1. 音声入力を使うにはブラウザを Safari ではなくて Chrome を開きます。
  2. Chrome 開いたら Google ドキュメント を開きます。
  3. ツールより音声入力をクリックしてマイクボタンが出てくるので、それをクリックしたら音声入力が開始されます。

Google音声入力のデメリット

アップルの音声入力では、

  • 「まる」→。
  • 「てん」→、
  • ダブルクオーテーション ”
  • ダブルクオーテーション閉じる ”

などが変換できていましたが、Google音声入力ではできません。

Google音声入力のメリット

Google 音声入力の素晴らしいメリットが、音声入力をサーバーで処理しているのにキーボード入力も同時に使えることです。
アップルの音声入力では、音声入力をサーバーで処理する場合キーボード入力ができませんでした。(サーバーで処理しない場合は音声入力をしながらキーボード入力もできるけど、音声認識精度が下がる)

音声入力をしながらキーボード入力ができるので、手直しがすごく簡単なんですよね(`・ω・´)”

アップル音声入力とグーグル音声入力を動画で

動画を作ってみました。

「つい癖で」の音声が変な風に変換されています・・・。

まとめ

今までありがとう、アップルの音声入力。
これからよろしくねグーグルの音声入力!!

iPhoneでもグーグルの音声入力が使えたらな〜と思う今日この頃なのです。
うーん、アンドロイド端末に今更するのもなんだしなぁ・・・。

コメント