税務署ってIT立国の邪魔をしてるとしか思えない話

雑記
スポンサーリンク

「なぜに?」

と思うことがお役所系の組織にはよくあります。たとえば税務署。一昨年の話ですが、確定申告がID・パスワード方式で提出できるようになる(ネットで提出できる)ということで、税務署に行ってきました。

 

まずここで疑問に思ってもらいたいです。ネットで提出するために、まずは一度税務署に足を運ばなければなりません。「ネットで申請させてくれよ」と思いますよね。

スポンサーリンク

確定申告のムダ

そして税務署に行きID・パスワードの申請の仕方もスゲーんです。これを申請した方ならたぶん同じように驚いたはずです。

 

というのも、税務署職員の方の目の前でIDとパスワードを打ち込まなければなりません。余裕で覗けるんですわ。(こういう疑問は、市役所で行うマイナンバーのパスワード設定のときもありましたが😅)

 

それで最後に、IDとパスワードは「重要書類」と書かれた紙に印刷されて、手渡しされます笑。

 

  • ネットで確定申告するためにまずは税務署に行く
  • IDとパスワードの設定は職員の目の前でやらされる
  • IDとパスワードは紙に書かれて手渡しされる

 

いやいや、つっこみどころ多すぎでしょう😱

 

まぁ、税務署職員の方が悪いのか?と言われたら微妙なところです。これを設計した人が悪いと思います。んでも、エルサレムのアイヒマンで哲学者のハンナ・アーレントが指摘した通り、「思考停止し、ただ目の前の仕事をやるのが危険」なのですよね。上から言われたことを無批判に受けいれてやること、それが悪につながります。(最近の例でいうと、森友学園の公文書書き換え問題です)

なぜ人は悪に染まるのか?アーレントとアイヒマンから学ぶ

 

IT立国を掲げる日本の実態はぜんぜんダメです。確定申告でいえばまだまだ問題はあります。

確定申告ソフトで有名な、

  • freee
  • MFクラウド
  • やよい

などなどで作成したデータは、ID・パスワード方式では提出できません。「ちょっと待ってくれよ」ってなります😱

 

『確定申告書作成コーナー』で作成したデータでないと、ID・パスワード方式では提出できないのです。となると、ID・パスワード方式で提出しようと思っていた方は、

  • 改めて『確定申告書作成コーナー』から作成
  • 確定申告ソフトで作成したものを印刷して郵送で提出

のどちらかを選ばなければなりません。

 

確定申告書の作成のしやすは、確定申告書作成コーナーより、競い合い・磨き合っている民間の確定申告ソフトです。ということで、結局のところ『郵送』が手っ取り早いわけです。

郵送ということは、

  • 印刷機
  • インク
  • 封筒
  • 送料(控えの返信用封筒やら返信用の送料も必要)

などが必要になってきます。紙などの資源もたくさん必要なので、エコではありません。IT立国とは・・・?

開業届・青色申告承認申請書・振替納税依頼書のムダ

確定申告以外でもまだまだ無駄なところはあります。

個人で関係するのは以下の3つくらいです。

  1. 開業届
  2. 青色申告申請書
  3. 振替納税の申し込み依頼書

などは、ぜんぶ紙で提出です。

 

ということは、

  • プリンター
  • インク
  • 封筒(控えを受け取るための返信用封筒も)
  • 送料(控えを送るための返信用送料も)

などが必要です。繰り返しになりますが資源の無駄です。ネットでできれば資源を無駄にしなくてすみます。

 

そしてなんといっても、

  • ハンコ

が必要です。これらの書類のすべてには、名前の横に印鑑を押さなければなりません。

安倍晋三首相は義理人情に厚い?→78歳をIT担当大臣に任命するくらい

 

もう令和です。昭和ではありません。平成でもありません。パソコンが登場し、ネットが登場し、スマホが登場して何年も経ちます。でもいまだに『ハンコ』がすべての書類に必要です😱

 

国民という大きな視点で考えると、公務員の数は少なければ少ない方がいいです。なぜなら公務員の給料は税金でまかなわれているからです。しかし、公務員の人たちが頑張って、「数を減らそう!」なんてことはしません。

  • 効率化
  • 生産性

を高めまくるようなことはしません。

 

自分の首をしめるようになるからです。つまり、公務員の性質上、生産性をあげるメリットはないのですよ。自分の仕事が必要なくなってしまいますから。

 

なんだかなーと思っちゃいますが、それが人なんですよね。それでは!

麻薬などの密輸が日本からなくならない1つ理由【港の税関がザル】

「公務員の方から社会をリードしていく」じゃなくて、まずは民間のために仕組みをつくるべき

 

コメント