日本は借金大国?国の貸借対照表を見ると資産がたっぷりあるけどそれでも増税する理由

スポンサーリンク

日本は本当に借金大国?

日本は借金大国。

国の借金は国民一人当たり8,000,000円なんて言われていたりもします(´・ω・)
でも果たして本当に日本は借金大国なのでしょうか?

高橋洋一さんの『経済のギモンぶっちゃけてもいいですか?』を読むと、なかなか衝撃的なことを書いていたので、この記事にでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

日本は本当に借金大国なのか?

日本が借金大国かどうか、それは貸借対照表を見れば分かるとのことです。
そしてそれを作成したのが、なんと高橋洋一さんなんですって!

大蔵省にいた頃に作ったのだとか。
当時は損益計算書だけがあり、それだと国の経済活動がわからない!ということで、作ったらしいです。

んで、貸借対照表を作ってびっくりしたことがあるのです。

「思った以上に国には資産がたくさんあった」p186

という意外な事実がわかったのです。
日本は全然資産がたくさんあったんですね。

  • 有価証券:財産権を表彰する証券のこと(手形・小切手・株・債券など)
  • 貸与金(子会社に対する資金供与):返済してもらったり売却もできる

などです。

これらのデータは僕らでも見ることができて、『国の財務書類』とグーグル先生で検索すると出てきます。
平成27年度のデータはこんな感じです。(画像が粗いので、詳しくは自分で調べてみてください)
単位は百万円単位なのでご注意を!

国の貸借対照表

民間企業なら経営がピンチだと子会社を売却

民間企業が経営がピンチになると、関係子会社を売却します。
だから国(政府)も同じように貸借対照表に出ている資産を売却すれば、借金を返せるはずなのです。

でもそれを政府はしません。
なぜだと思いますか?

国の関係子会社は、つまり天下り先なのです!
そしてその子会社(天下り先)は100社以上あるんですって。

国に借金があるからといって天下り先を売却したら、自分たちが困りますね?
だから売却せずに増税して財源を得ようとするのです(´・ω・)

資産はどんなもの?

じゃあ国の資産とか子会社が気になるじゃないですか、でもそれって分からないんですね・・・

それはなぜか?

資産については説明しない。天下り先がバレると困るからさ。

とのことです(´・ω・)

ちなみに、他の国は日本のようにこんなにもたくさん関係子会社がないそうです。
つまり資産がないと言うことですね。

国がこんなにも資産を持っているのは日本だけなんですって。
だから日本が不況でも円高になったりしたんですね〜。

高橋先生の一言

本当に負債を減らしたいなら、資産を売却すればいいんだ。
でも、売却しないで「負債が大きい」とアピールしてるんだから、天下り先があることが害なんだよ(笑)

売ることで借金を減らす、というまともな議論ができないんだから。

その通りですよね。
というか、そもそも政府の仕事に就く人は優秀なんだから、天下り先なんていらないはずなんですよね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?
この記事では『日本は本当に借金大国なのか?』について書いてきました。

国の資産をちゃんと計算に入れたら、借金大国ではないようです。
それに、マジでヤバイときは関係会社を処分していきますからね。

それにしても政府の方針でガンガン借金しているのに、自分たちの身の安全は確保しつつ増税するって、やっぱりおかしいですよねぇ(´・ω・)
ブラック企業で身を粉にしながら納税している人たちがいるのに・・・・・・。

今回の記事も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

*経済関連記事

こちらの記事もどうぞ

1.アマゾンプライムがお得すぎる→【最新版】超お得なプライム会員11のメリット!デメリットあるの?


2.僕が使ってるクレジットカードとポイント還元サイト→毎日のお買い物がちょっとお得になるクレジットカードとポイント還元サイト


3.スマホ代に月々8000円はもったいないです。他のことに使いましょ!→本を買うお金がない?ちゃんと格安SIMにしてスマホ代削ってる?


4.人生の糧になったもの→オススメの本・漫画・映画・音楽・ガジェットなど


メルマガも始めたので、僕と絡みたい方はぜひご登録を!


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*