5人に1人が70歳以上に!敬老の日に思うこと

敬老の日 高齢社会時事ネタ
スポンサーリンク

2018年9月17日。本日は敬老の日でした。

私は祖母におめでとうと言いました。そしたらそこは悲しそうな目でこんなことを言います。

「ここまで長生きはしたくなかった。」

90歳を目前にしている祖母の言葉は、なんとも言い難い言葉でした。

夫を亡くし、同級生を亡くし、生きている同級生も足腰が弱り動けなくなり、痴呆が進み会話ができなくなり・・・健康に長生きすると言う事は、幸せでは無いのかもしれないと私に思わせました。

スポンサーリンク

今の日本の社会保障制度上、長生きする高齢者が増えれば増えるほど、医療費がかさみ、介護費用がかさむようになっています。高齢者が長生きすることが悪いのではありません。高齢者だけ特例措置的に待遇が良くなっていることがおかしいのです。

このサイトでたまに書くことですが、今の日本の現状として、6人に1人の子供が貧困状態にあります。この現実を放っておいて、高齢者の待遇ばかりをよくするものはいかがなものか・・・。

この問題を解決せずに先送りすれば先送りするほど、将来世代への負担が増します。医療費にメスを入れる事は避けられません。

 

医療費の問題内の高齢者が増えると言う事は、介護期間が長くなるということでもあります。よく言われているように、介護は子育てよりも大変です。

介護離職と言われている言葉があるように、年間100,000人の人が介護のために会社を辞めている現実もあります。

  • 医療費・介護費問題の解決
  • 介護が必要ない(介護期間が短い)元気な高齢者を増やす

この2点を意識しなければなりません。

 

人生100年時代と言われているのに、未だに定年が60歳ちょっとというのもおかしいでしょう。職場を離れれば刺激がなくなり、ボケることにも繋がります。

現役で働ける世代には、年金や医療費の増加は自己負担してもらうしかありません。が・・・まったく話は進みません・・・。

 

やるやる詐欺の話ですが、この話は進むんでしょうかねぇ。

延命治療は医療機関にとってはドル箱。それゆえに医師会の票が欲しい政治家は手をつけられません。

難しい話・・・。でもここに手をつけなければ財政的な負担が大きいんですよね。

安楽死と尊厳死についてはこちらの記事を参考にしてみてください↓↓↓

安楽死と尊厳死と自裁死の違いについて調べてまとめてみた
2018年4月26日の『橋下徹の即リプ』を見ていたら、安楽死や尊厳死のテーマで橋下さんとテリー伊藤さんが語られておりまし...

 

年齢が高くなるほど「長生きしたい!」と思うのも興味深い話です。(メットライフ生命保険の調査により)

 

介護に備えて脱毛する女性が増えているのも興味深い話です。

これについては2017年5月にも記事で書いてますが、どんどんと増えているんでしょうなー。

介護のために50代60代の人が永久脱毛を始める理由
先日、衝撃的なツイートを目にしました。50代、60代の人が永久脱毛をするために脱毛サロンに通っているのです。「なんで??...

脱毛業界にとっては意外な需要でしょうけど、これはお金の匂いがプンプンですね。

んでも40〜60の人が「介護のために」という理由で脱毛を始めるのは早すぎな気もします。そんなことより、食生活・運動習慣を見直した方が・・・。

*時事ネタ関連記事

コメント