フィンランドのベーシックインカムについて考えてみる

ベーシックインカム
スポンサーリンク

フィンランドが国民全員にベーシックインカムを支給する方向で最終調整に入ったようです。

フィンランドが国を挙げての壮大な社会実験をするのですね。

どうなるのか非常に興味があります。。

ベーシックインカムには様々なメリット・デメリットがあるとは思いますが、フィンランドのこの試みは素晴らしいと思います。

スポンサーリンク

ベーシックインカムについて学ぶ

知ってる人にはずっと話題なベーシックインカム。

普通の人には聞き慣れない言葉かもしれませんが、これからは非常に耳にする機会が多くなるであろう言葉です。

ベーシックインカムとは?

生きる上での最低限必要なお金を国民全員に国が保証するというものです。

現代では年金制度、生活保護といった問題が多々あります。

つまりこれらの制度を保つのはもともと無理な話なんです。

どういった人にお金をいくら支給するなんて、平等に行うことなんてできないのです。

ベーシックインカムを導入することで全ての人が「平等」になるわけです。

メリット

少子化対策

世帯ではなく、個人単位で支給されるので、子供を増やすことが世帯の負担につながりません。

貧困対策

すべての国民に平等にお金を支給するので、誰もが最低限以上の生活を送ることができるようになります。

社会保障制度の見直し

複雑な社会保障制度をベーシックインカムで代替できものは一元化することで、

余計な費用がかからないようにすることができる。

例えば生活保護の不正受給など。

またそういった制度を一元化することで公務員の人件費削減も可能となる。

労働意欲の向上

生活保護を受給している人のほうが、まじめに働いている人より収入が良い場合があります。

これでは労働意欲は向上しませんが、ベーシックインカムを導入することで、

支給分とは別に働いた分だけ収入も増えるので労働意欲が向上すると考えられる。

働き方の多様化

お金が欲しい人はさらに働いて収入を増やせばよいが、

週に2回程度の働き方でも十分に暮らせることから、働き方が多様化できる。

ブラック企業がなくなる

ブラック企業で働いている人は、生きるために仕方なく辛い労働でも耐えています。

しかし、ベーシックインカムがあれば、必要最低限のお金は入るので、そこまで働かなくても良くなりますね。

犯罪が減る

貧困による犯罪が減少する。

デメリット

育児放棄

子供をたくさん作り、子供の数だけベーシックインカムを得ることを目的とし、

育児を放棄する親が増えるかもしれない。

働かないことを選択した人にはたっぷりとした時間がある。

この時間をどう使うかは国としての問題になりそうです。

犯罪の増加

たとえ、犯罪を犯して刑務所に入ったとしても、出所後の生活が容易であるため、

刑罰による犯罪抑止効果が弱まる可能性がある。

学業

将来働かなくても良いとなると、子どもの勉強意欲が著しく減る可能性がある。

すべてが適当になる

会社をクビになっても生きていけると考えれば、

責任感の欠如が許される社会になるかもしれません。

ベーシックインカムの課題

ベーシックインカムの課題といえば、必ず言われるのが

財源

です。

フィンランドではベーシックインカム支給とともに、政府による社会福祉支給が停止になるそうです。

それでも世論調査では国民の約7割が導入に賛成らしいですから、

フィンランド人の国民性って日本とは違いますね。

日本なら7割以上が反対になるでしょう。

フィンランドのベーシックインカム導入の最終決定は2016年の11月までに行われるということで、

あと1年もないのですね。

日本とベーシックインカム

フィンランドの人口は546万人に対して日本の人口は1億人を超えます。

フィンランドと日本ではかなり難易度が変わりそうですね。

ただ、マイナンバーがすべての人に割り当てられた今では、支給方法だけは可能でしょう。

日本で行うなら、

特定の市や県で試すことになるでしょうね。

どの社会制度を切り捨てて、ベーシックインカムを導入すればいいかはわかりませんが、

日本で導入されるの僕が生きてる間にあるかなぁ〜。

参考:http://www.businessnewsline.com/news/201512071631370000.html

「へ〜」と思ったら
「いいね!」お願いします

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

運営者:福山和寿

犬好きのアラサー男子。

モットーはだらけきった正義。
趣味はまったり読書、そわそわテニス観戦、適度な筋トレ。
将来の子どもたちのために何かできることはないかと模索中です。

サイトの内容を分けることにして、子どもの教育に関するサイトと、健康に関するサイトを新しく作りました。

 

記事によって「である調」や「ですます調」になっていますが、気分によって使い分けているだけなので、あまり気にせず読んでいただければと思います。

 

特定商取引に関する表示